○御船町移住コーディネーター設置要綱

令和元年5月23日

告示第56号

(趣旨)

第1条 この要綱は、本町の人口減少に歯止めをかけるため、本町への移住を希望する者に対して、情報提供や相談対応を行うなど、移住・定住に向けた支援を行う御船町移住コーディネーター(以下「コーディネーター」という。)の設置に関し、御船町一般職の非常勤職員の任用等に関する要綱(平成13年訓令第4号。以下「非常勤職員任用等要綱」という。)によるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(身分)

第2条 コーディネーターの身分は、非常勤職員任用等要綱第2条に定める非常勤職員とする。

(任用)

第3条 コーディネーターは、非常勤職員任用等要綱第3条の規定によるもののほか、次の各号に掲げる全ての要件を満たす者のうちから、町長が任用する。

(1) 本町への移住・定住の促進や地域の活性化に意欲と情熱がある者

(2) 心身ともに健康で、かつ、誠実に業務を遂行できる者

(3) 道路交通法(昭和35年法律第105号)第84条の規定による普通自動車運転免許を有している者

(業務内容)

第4条 コーディネーターは、次に掲げる業務を行う。

(1) 移住促進に向けたホームページやSNS等による情報発信

(2) 移住に係る相談対応及び移住後のフォローアップ

(3) 都市部で開催される移住フェア等での広報活動及び相談対応

(4) 移住体験ツアーや移住者交流会、移住者間のネットワーク作りの企画運営

(5) 移住・定住のための空き家の利活用や空き家バンクの登録促進

(6) 移住体験住宅の管理運営

(7) その他移住・定住施策の推進

(その他)

第5条 この要綱に定めるもののほか、コーディネーターについて必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、令和元年6月1日から施行する。

御船町移住コーディネーター設置要綱

令和元年5月23日 告示第56号

(令和元年6月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
令和元年5月23日 告示第56号