○南アルプス市名誉市民条例施行規則

平成15年4月1日

規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、南アルプス市名誉市民条例(平成15年南アルプス市条例第4号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(推挙調書の作成)

第2条 市長は、名誉市民を推挙するときは、次の事項を記載した推挙調書を作成し、選考委員会に協議するものとする。

(1) 職業、氏名及び生年月日

(2) 出生地、本籍地及び現住所

(3) 推挙に該当すると認められる事項

(4) 性質、思想、宗教、品行及び平素の行状

(5) 生計の状況及び財産の程度

(6) 信望の程度

(7) 賞罰(賞にあっては、受賞の種類)

(8) 経歴の大要

(9) 前各号に掲げるもののほか、参考となる事項

(選考委員会)

第3条 選考委員会の委員は、市長、副市長、教育長、市議会正副議長及び市議会総務常任委員会委員長をもってこれに充てるものとする。

2 選考委員会の会議の議長は、市長とする。

(推挙の通知)

第4条 市長は、条例第3条の規定により名誉市民推挙について議会の議決を得たときは、速やかにその旨を本人に通知するものとする。

(推挙式)

第5条 名誉市民の推挙式は、市制施行記念日等に併せて行う。ただし、特別の事情のある場合は、この限りでない。

(称号の贈与及び登録)

第6条 名誉市民の称号の贈与は、顕彰状(様式第1号)によるものとする。

2 名誉市民に推挙された者は、名誉市民台帳(様式第2号)に登録するものとする。

(名誉市民章)

第7条 名誉市民には、名誉市民章(様式第3号)を贈る。

2 名誉市民章は、本人に限り終身はい用し、何人にも貸与してはならない。

3 名誉市民章は、じゆをもって胸部中央にはい用するものとする。ただし、略章を用いることができる。

4 名誉市民であった者の遺族は、名誉市民章を保存することができる。

(称号の取消し)

第8条 名誉市民が本人の責めに帰すべき行為により著しく名誉を失い、市民の尊敬を受けなくなったと認めるときは、市長は、議会の同意を得て、名誉市民の称号を取り消すことができる。

2 名誉市民が、前項の規定のより称号の取消しを受けたときは、名誉市民章を返納させるものとする。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成15年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の白根町名誉町民条例施行規則(昭和50年白根町規則第8号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年3月20日規則第6号)

(施行期日)

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

画像

画像

様式第3号(第7条関係)名誉市民章(略)

南アルプス市名誉市民条例施行規則

平成15年4月1日 規則第2号

(平成19年4月1日施行)