○南アルプス市表彰条例

平成15年4月1日

条例第5号

(目的)

第1条 この条例は、市の政治、経済、文化、社会その他各般にわたって市政振興に寄与し、又は模範と認められる行為があった者を表彰し、もって市の自治の振興を促進することを目的とする。

(表彰)

第2条 表彰は、特別功績者表彰と功績者表彰の2種類とする。

(特別功績者表彰)

第3条 特別功績者表彰は、地方自治、産業経済、社会福祉、保健衛生、教育文化その他の分野において市の発展に特に功績があり、市民に等しくその功績が認められている個人又は団体について、市長が行う。

(功績者表彰)

第4条 功績者表彰は、次の各号のいずれかに該当する個人又は団体について、市長が行う。

(1) 地方自治の振興に貢献し、その功績があった者

(2) 教育、体育及び文化の向上に功績があった者

(3) 保健衛生及び社会福祉の増進に功績があった者

(4) 産業の振興に功績があった者

(5) 道路、河川等の維持管理及び交通安全に功績があった者

(6) 身の危険を顧みず、人命を救助し、又は消防、水防その他災害防護若しくは公安の維持に著しい貢献をした者

(7) 徳行が特に優れ、他の模範とするに足りる者

(8) 市の名誉となるような活躍をした者

(9) 前各号に掲げるもののほか、市長が認める者

(表彰審査委員会)

第5条 表彰の公平適格を期し、年数、功績等について厳正な審査を行うため、南アルプス市表彰審査委員会を置く。

2 南アルプス市表彰審査委員会の組織及び運営については、規則で定める。

(表彰の方法)

第6条 表彰は、表彰状を授与して行う。この場合において、記念品等を付与することができる。

(表彰を受けるべき者が死亡している場合の表彰)

第7条 表彰を受けるべき者が表彰の日以前に死亡している場合は、前条の規定により本人に授与し、又は付与する表彰状又は記念品は、その遺族に贈るものとする。

(再表彰)

第8条 既に表彰を受けた者であっても、その後更に表彰の事由が生じたときは、再び表彰することができる。

(表彰の取消し)

第9条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合は、その表彰を取り消し、表彰状及び記念品を返還させることができる。

(1) 表彰を受けた者が懲役又は禁以上の刑に処せられたとき。

(2) 表彰を受けた者が甚だしく不都合な行為をしたとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、表彰を取り消すことが必要と認められるとき。

(表彰の期日等)

第10条 表彰は、毎年市制施行記念式典において行う。ただし、特別の事情のある場合は、この限りでない。

(表彰者名簿)

第11条 表彰を受けた者の功績及び名誉を永久に記録するため、表彰者名簿を備える。

(委任)

第12条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成16年7月8日条例第29号)

この条例は、公布の日から施行する。

南アルプス市表彰条例

平成15年4月1日 条例第5号

(平成16年7月8日施行)