○南アルプス市職員の特殊勤務手当に関する規則

平成15年4月1日

規則第39号

(趣旨)

第1条 この規則は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第24条第5項及び南アルプス市職員給与条例(平成15年南アルプス市条例第52号)第15条第2項の規定に基づき、特殊勤務手当の支給に関し必要な事項を定めるものとする。

(特殊勤務手当の種類)

第2条 特殊勤務手当の種類は、次のとおりとする。

(1) 滞納整理手当

(2) 防疫等作業手当

(3) 行旅病人及び行旅死亡人取扱手当

(4) 救急業務手当

(5) 夜間特殊業務手当

(6) 火災出動手当

(滞納整理手当)

第3条 滞納整理手当は、市税及び国民健康保険税の滞納整理に関する事務のうち差押、引上げ及び公売に関する事務に従事した職員に対して支給する。

2 前項の手当の額は、勤務1月につき3,000円を超えない範囲内で次に掲げる額とする。

(1) 差押 1件 300円

(2) 引上げ 1件 500円

(3) 公売 1回 300円

(防疫等作業手当)

第4条 防疫等作業手当は、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成10年法律第114号)第6条第2項及び第3項に定める感染症並びに市長がこれらに相当すると認める感染症(以下「感染症」という。)の防疫に従事する職員が、次の各号のいずれかの作業に従事したときに支給する。

(1) 感染症の患者又は感染症の疑いのある患者の救護

(2) 感染症の病原体が付着した物件又はその付着の疑いのある物件の処理

(3) 感染症の病原体の検査

(4) 感染症の患者又は感染症の疑いのある患者の死体の処理

2 前項の手当の額は、作業に従事した日1日(死体解剖については、1時間)につき500円とする。

(行旅病人及び行旅死亡人取扱手当)

第5条 行旅病人及び行旅死亡人手当は、行旅病人の保護及び病院等への収容又は行旅死亡人の死体処理等に従事した職員に対して支給する。

2 前項の手当の額は、勤務1回につき1,000円とする。

(救急業務手当)

第6条 救急業務手当は、救急及び救急に準ずる出動に従事した消防職員に対して支給する。

2 前項の手当の額は、出動1回につき次に掲げる額とする。

(1) 救急救命士として救急出動等に従事した消防職員 250円

(2) 前号に規定する以外の救急出動等に従事した消防職員 200円

(夜間特殊業務手当)

第7条 夜間特殊業務手当は、消防職員で交代制勤務を正規の勤務としているものが、深夜業務(通信業務)に従事したときに支給する。

2 前項の手当の額は、勤務1日につき次に掲げる額とする。

(1) 深夜の勤務時間が5時間を超える場合 250円

(2) 深夜の勤務時間が2時間以上5時間以下の場合 170円

(3) 深夜の勤務時間が2時間未満の場合 140円

(火災出動手当)

第8条 火災出動手当は、火災及び火災に準ずる出動に従事した消防職員に対して支給する。

2 前項の手当の額は、出動1回につき、ポンプ車隊員等については200円、はしご車隊員等については400円とする。

(支給方法)

第9条 特殊勤務手当の給与期間は、南アルプス市職員給与条例第6条の規定の例によるものとする。

(命令簿)

第10条 所属長は、特殊勤務命令簿を作成し、必要な事項を記入させ、これを保管しなければならない。

(その他)

第11条 この規則に定めるもののほか、この規則の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成15年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の八田村職員の特殊勤務手当に関する条例(昭和58年八田村条例第2号)、職員の給与の支給に関する規則(昭和46年白根町規則第14号)、職員の特殊勤務手当に関する条例(昭和53年芦安村条例第18号)、職員の特殊勤務手当に関する条例(昭和49年櫛形町条例第21号)若しくは甲西町職員の特殊勤務手当に関する条例(昭和40年甲西町条例第9号)又は解散前の南アルプス広域行政事務組合職員の特殊勤務手当支給規則(昭和48年南アルプス消防組合規則第8号)(以下これらを「合併等前の条例等」という。)による特殊勤務手当については、なお合併等前の条例等の例による。

附 則(平成18年11月13日規則第63号)

(施行期日)

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

(保健衛生業務従事手当等に関する経過措置)

2 この規則による改正前の南アルプス市職員の特殊勤務手当に関する規則(次項において「旧規則」という。)第6条に規定する保健衛生に関する現業(検診、訪問及び相談等における面会業務に限る。)を行う職員で、平成18年度において同条の規定により保健衛生業務従事手当の支給を受けていたものが当該現業に従事したときは、当該職員に、平成19年度に限り、従事した日1日につき150円の保健衛生業務従事手当を支給する。

3 旧規則第7条に規定する社会福祉に関する現業(訪問及び相談等における面会業務に限る。)を行う職員で、平成18年度において同条の規定により社会福祉業務従事手当の支給を受けていたものが当該現業に従事したときは、当該職員に、平成19年度に限り、従事した日1日につき200円の社会福祉業務従事手当を支給する。

4 前2項の規定により支給する手当は、その月分を翌月の給料の支給日に支給する。

(南アルプス市職員の給与の支給に関する規則の一部改正)

5 南アルプス市職員の給与の支給に関する規則(平成15年南アルプス市規則第31号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

附 則(平成20年3月31日規則第13号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月18日規則第6号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月19日規則第28号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月11日規則第13号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

南アルプス市職員の特殊勤務手当に関する規則

平成15年4月1日 規則第39号

(平成28年4月1日施行)