○南アルプス市農業振興資金貸付基金条例

平成15年4月1日

条例第86号

(設置)

第1条 農業経営の近代化を推進し、農業の振興を意欲的に図ろうとする農業者に対し、農業振興資金(以下「資金」という。)を貸し付け、農業経営の安定と農業生産力の増強に資するため、南アルプス市農業振興資金貸付基金(以下「基金」という。)を設置する。

(基金の額)

第2条 基金の額は、5,000万円とする。

2 必要があるときは、予算の定めるところにより、基金に追加して積立てをすることができる。

3 前項の規定により積立てが行われたときは、基金の額は、積立額相当額増加するものとする。

(貸付対象)

第3条 資金は、本市に在住し農業に従事している者で、市長が招集する審査委員会において認定したものに対して貸し付けるものとする。

(貸付けを受ける者の要件)

第4条 資金の貸付けを受ける者は、次に掲げる要件を備えていなければならない。

(1) 前条の規定に該当する者で、貸付日現在65歳以下のもの

(2) 貸し付けた資金の償還について十分な能力を有する者

(3) 資金の貸付けの目的である事業の完遂能力を有する者

(貸付金額)

第5条 資金の貸付金額は、認定農業者(農業経営基盤強化促進法(昭和55年法律第65号)第12条第3項の規定により認定された者をいう。)については200万円以内、それ以外の者については150万円以内において市長が定める。

(貸付条件)

第6条 資金の貸付条件は、次のとおりとする。

(1) 貸付利率 無利子

(2) 貸付期間 5年以内

(3) 償還方法 元金均等償還

(実地検査等)

第7条 市長は、必要があると認めるときは、資金の貸付けを受けた者に対し、関係資料の提出を求め、又は実地に検査することができる。

(繰上償還)

第8条 市長は、資金の貸付けを受けた者が、資金を貸付けの目的以外に使用したとき、又は貸付条件に従わなかったときは、資金の全部又は一部の繰上償還をさせることができる。

2 資金の貸付けを受けた者は、必要に応じ、資金の全部又は一部の繰上償還をすることができる。

(委任)

第9条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成15年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の若草町農業後継者育成資金貸付基金条例(昭和53年若草町条例第26号)、櫛形町農業振興資金貸付基金条例(平成9年櫛形町条例第2号)又は甲西町農業後継者育成資金貸付基金条例(昭和54年甲西町条例第14号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年6月30日条例第27号)

この条例は、公布の日から施行する。

南アルプス市農業振興資金貸付基金条例

平成15年4月1日 条例第86号

(平成17年6月30日施行)