○南アルプス市農業振興資金貸付基金条例施行規則

平成15年4月1日

規則第47号

(趣旨)

第1条 この規則は、南アルプス市農業振興資金貸付基金条例(平成15年南アルプス市条例第86号。以下「条例」という。)第9条の規定に基づき、条例の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(貸付けの申請)

第2条 農業振興資金(以下「資金」という。)の貸付けを受けようとする者は、事業の目的、内容及び額その他必要な事項を農業振興資金借入申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)に記入し、関係書類を添えて市長に提出しなければならない。

(貸付けの可否等)

第3条 市長は、前条の規定による申請があったときは、申請書及び関係書類を審査し、貸付けの可否及びその額を決定するものとする。

(申請事項の変更)

第4条 資金の貸付けを受けた者に第2条に規定する申請内容について、次に掲げる事由が生じた場合は、速やかに農業振興資金借入変更申請書(様式第2号)により市長に届け出て、申請事項の変更について承認を受けなければならない。

(1) 申請の内容に重要な変更を要する場合

(2) 災害又はこれに類する事情により申請事項の全部又は一部について変更を要することとなった場合

(貸付決定通知)

第5条 市長は、前2条の規定により資金の貸付けを行うことを決定したときは、速やかにその決定内容を、農業振興資金貸付決定通知書(様式第3号)により、申請した者に通知するものとする。

(審査委員会)

第6条 条例第3条の審査委員会は、市長の命を受け、申請書の内容等を審査するものとする。

(実績報告)

第7条 資金の貸付けを受けた者は、事業完成後遅滞なく農業振興資金貸付実績報告書(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成15年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の若草町農業後継者育成資金貸付基金規則(昭和63年若草町規則第11号)、櫛形町農業振興資金貸付規則(平成9年櫛形町規則第3号)又は甲西町農業後継者育成資金貸付規則(昭和54年甲西町規則第2号)(以下これらを「合併前の規則」という。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

3 この規則の施行の日の前日までに、合併前の規則の規定により貸付けを決定された資金については、なお従前の例による。

附 則(平成19年11月1日規則第26号)

この告示は、公布の日から施行する。

附 則(平成21年3月24日規則第11号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月28日規則第19号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

画像画像

画像画像

画像画像

画像

南アルプス市農業振興資金貸付基金条例施行規則

平成15年4月1日 規則第47号

(平成26年4月1日施行)