○南アルプス市心身障害者扶養共済制度加入者助成金支給条例

平成15年4月1日

条例第143号

(目的)

第1条 この条例は、山梨県心身障害者扶養共済条例(昭和45年山梨県条例第4号)に基づく山梨県心身障害者扶養共済制度(以下「共済制度」という。)に加入を奨励し、加入した者にその掛金を助成することにより、保護者が死亡し又は身体に著しい障害を有する状態になった後の心身障害者の生活の安定と保護者の将来の不安の軽減を図ることを目的とする。

(対象者)

第2条 この条例により共済制度の掛金の助成を受けることができる者(以下「対象者」という。)は、共済制度の加入者で本市に居住し、かつ、本市住民基本台帳に記載されているものとする。

(助成金の額)

第3条 助成金の額は、対象者の納付した掛金のうち5,000円を上限とする。

(申請の手続)

第4条 助成金の支給を受けようとする者は、市長に助成金の申請をしなければならない。

(支給の決定)

第5条 市長は、前条の申請を受けたときは、その内容を審査し、適否を決定し、申請者に通知する。

(支給期間及び支給月)

第6条 助成金の支給期間は、支給を認められた対象者が第2条の規定に該当する期間とする。

2 助成金は、毎年3月に会計年度ごとに一括して支給する。ただし、年度の途中において対象者でなくなった者があるときは、その際に支給する。

(申請の時効)

第7条 第4条の申請の期間は、当該年度とする。

(返還)

第8条 市長は、偽りその他不正の行為により助成金の支給を受けた者があるときは、既に支給した助成金の全部又は一部を返還させることができる。

(委任)

第9条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成15年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の八田村心身障害者扶養共済制度加入者助成金支給条例(昭和62年八田村条例第8号)に規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

南アルプス市心身障害者扶養共済制度加入者助成金支給条例

平成15年4月1日 条例第143号

(平成15年4月1日施行)