○南アルプス市健康管理センター条例施行規則

平成15年4月1日

規則第82号

(趣旨)

第1条 この規則は、南アルプス市健康管理センター条例(平成15年南アルプス市条例第146号。以下「条例」という。)第18条の規定に基づき、条例の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用の手続)

第2条 南アルプス市健康管理センター(以下「健康管理センター」という。)を利用しようとする者は、利用しようとする日の7日前までに、健康管理センター利用許可申請書(様式第1号)を指定管理者に提出しなければならない。ただし、利用しようとする者に特別な事情があると認められるとき、又は指定管理者が利用について支障がないと認めるときは、利用の当日まで申請することができる。

(利用の許可)

第3条 指定管理者は、健康管理センターの利用を許可したときは健康管理センター利用許可書(様式第2号。以下「許可書」という。)を交付し、許可しないときは前条の規定による申請をした者(以下「申請者」という。)に対しその旨を通知するものとする。

2 前項の規定により利用の許可を受けた者(以下「利用者」という。)は、利用の際、許可書を係員に提示しなければならない。

(利用の取消し又は変更)

第4条 申請者は、利用の申請を取り消し、又は申請内容の変更をする場合は、健康管理センター利用(取消し・変更)申請書(様式第3号)に許可書を添えて、速やかに指定管理者に提出しなければならない。

2 指定管理者は、前項の規定による申請を受理したときは、これを審査し、健康管理センター利用(取消し・変更)許可書(様式第4号)を交付するものとする。

(利用料金の減免)

第5条 条例第13条の規定で定めた基準は、次に掲げるとおりとする。

(1) 市が行う事業として利用するとき 免除

(2) 前号に掲げるもののほか、市長が特に必要と認めるとき 市長が必要と認める額

2 利用料金の減免を受けようとする者は、あらかじめ健康管理センター利用料金減免申請書(様式第5号)を指定管理者に提出しなければならない。

3 指定管理者は、前項の場合において、利用料金の減額又は免除を認めたときは、当該申請者に対し、健康管理センター利用料金減免許可書(様式第6号)を交付するものとする。

(利用者の遵守事項)

第6条 利用者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 施設等を利用するときは、係員の指示に従うこと。

(2) 利用の許可を受けた目的以外に利用しないこと。

(3) 利用の許可を受けた室又は物件以外のものを利用しないこと。

(4) 事故並びに施設等のき損及び汚損の防止に努めること。

(5) 所定の場所以外で飲酒若しくは喫煙をし、又は火気を使用しないこと。

(6) 事故、災害等の異常事態の発生に備えて避難及び安全の確認を怠らないこと。

(7) 機能回復室は、運動に適した服装で利用すること。

(8) 前各号に掲げるもののほか、利用に係る一切の責めを負うこと。

(周知)

第7条 指定管理者は、条例第6条第2項条例第7条及び条例第12条第2項の規定により、休館日、利用時間又は利用料金はについて変更するときは、あらかじめその旨を周知しなければならない。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成15年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の八田村農業者健康管理センターの設置及び管理に関する条例施行規則(昭和56年八田村規則第3号)、八田村農業者健康管理センター機能回復室使用要綱(昭和56年4月1日)、芦安村農林漁業者等健康管理センターの設置及び管理に関する条例施行規則(昭和62年芦安村規則第11号)、若草町健康センター管理規則(平成7年若草町規則第3号)又は櫛形町健康センター管理規則(平成3年櫛形町規則第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年3月27日規則第29号)

(施行期日)

1 この規則は、平成18年4月1日から施行する。

(南アルプス市甲西保健福祉センター条例施行規則の廃止)

2 南アルプス市甲西保健福祉センター条例施行規則(平成15年南アルプス市規則第83号)は、廃止する。

附 則(平成29年12月22日規則第31号)

この規則は、平成30年2月19日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

南アルプス市健康管理センター条例施行規則

平成15年4月1日 規則第82号

(平成30年2月19日施行)