○南アルプス市芦安農業集落排水施設条例

平成15年4月1日

条例第170号

(設置)

第1条 農業用排水の水質保全及び集落における生活環境の向上を図るため、南アルプス市農業集落排水施設(以下「施設」という。)を設置する。

(施設の名称等)

第2条 施設の名称、位置及び区域は、次のとおりとする。

名称

位置

区域

南アルプス市芦安芦倉農業集落排水施設

南アルプス市芦安安通32番地の2

芦安芦倉(沓沢以西を除く。)及び芦安安通(木場以西を除く。)

(定義)

第3条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 使用者 施設設置区域内で、排水設備により汚水を施設に排除してこれを使用する者をいう。

(2) 汚水 し尿及び生活雑排水をいう。

(3) 排水施設 汚水を排除するために市が設置し、及び管理する排水管、汚水ます及びマンホール並びに汚水を最終的に処理するために設けた処理施設をいう。

(4) 排水設備 汚水を施設に流入させるために必要な排水管及びそれに付随する設備をいう。

(排水設備の計画の確認)

第4条 排水設備の新設、増設又は改築(以下「新設等」という。)をしようとする者は、その計画が市長が別に定める排水設備の設置に関する基準に適合するものであることについて、あらかじめ市長の確認を受けなければならない。

2 前項の規定は、同項の規定により確認を受けた事項を変更しようとする場合について準用する。ただし、新設工事で排水設備の構造に影響を及ぼすおそれのないものについては、この限りでない。

(費用の負担)

第5条 排水設備の新設等に要する経費は、当該排水設備の新設等をする者の負担とする。

2 宅地内へ汚水ますを新たに設置し、排水管に接続しようとする者は、そのための工事等に要する経費を負担しなければならない。ただし、供用開始後1年以内に設置する者に対しては、経費の半額を市が補助するものとする。

(排水設備の工事の施工及び業者指定)

第6条 排水設備の新設等の工事の施工については、下水道工事に必要な資格、技術及び設備を備える者のうちから市長が定めるものが行う。

(排水設備の工事の検査)

第7条 排水設備の新設等を行った者は、その工事が完了した日から5日以内に市長に排水設備工事完了届(様式第1号)を提出し、その検査を受けなければならない。

(汚水排除の制限)

第8条 雨水を排除するために施設を使用してはならない。

2 施設には、土砂、ごみ、油類、農薬等施設の機能を妨げ、又は損傷するおそれのあるものを排除してはならない。

3 し尿を施設に排除するときは、水洗便所によって行わなければならない。

(使用開始等の届出)

第9条 使用者は、施設の使用を開始し、休止し、廃止し、又は再開しようとするときは、あらかじめ市長に農業集落排水施設使用(変更)(様式第2号)を提出しなければならない。

2 使用者に変更が生じるときは、新たに使用者となるべき者は、前項の例により速やかに市長に届け出なければならない。

(使用料の徴収)

第10条 市長は、施設の使用ついて、使用者から使用料を徴収する。

2 使用料は、施設の維持、管理等に要する費用として、次条の規定により算出した額について毎月納入通知書により徴収する。

(使用料の算定)

第11条 使用料は、世帯及び世帯員につき、基本料金と世帯員割との合計額とし、次の表に定めるところにより算定する。

使用料(1月当たり)

基本料金(1世帯につき)

世帯員割(1人につき)

2,000円

250円

2 前項の規定にかかわらず、一般家庭以外の使用者の使用料については、施設の使用実態を勘案して、市長が認定するものとする。

3 世帯員の確認は、住民基本台帳により毎月1日を基準に行うものとし、中途加入世帯の場合は、加入時の世帯人員とする。

4 65歳以上の老人独り暮らし世帯及び65歳以上の老人夫婦世帯で在宅寝たきり老人又は在宅虚弱老人のいる世帯の基本料金は、1,000円とする。

5 使用月の中途において施設の使用を開始し、又は廃止したときも、当該月分の使用料は、全額徴収する。

(加入金)

第12条 排水施設の使用を開始しようとする者は、次の表に定める額を市長が指定する期限までに納付しなければならない。

加入金

1世帯当たり

100,000円

2 排水施設の使用を開始しようとする者のうち、生活雑排水のみを排除するために加入する者は、その加入の際に加入金の半額の5万円を納付し、併せてし尿の排除を開始する場合には、その際に残額の5万円を納付しなければならない。

(使用料等の減免)

第13条 市長は、特別の事情があると認めるときは、使用料又は加入金を減額し、又は免除することができる。

(排水施設付近での掘削)

第14条 排水施設の付近において、当該排水施設の埋設位置より深く掘削工事を行おうとする者は、市長に協議をしなければならない。

2 市長は、前項の協議に対し、排水施設の機能及び構造を保全するため必要な措置を命ずることができる。

(改善命令)

第15条 市長は、第4条第7条又は第9条の規定に違反した者に対し、その改善を命ずることができる。

(委任)

第16条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

(過料)

第17条 第15条の規定による命令に従わない者は、5万円以下の過料に処する。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成15年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の芦安村農業集落排水施設の設置及び管理に関する条例(平成7年芦安村条例第9号。以下「合併前の条例」という。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

(罰則に関する経過措置)

3 この条例の施行の日の前日までにした行為に対する罰則の適用については、なお合併前の条例の例による。

画像

画像

南アルプス市芦安農業集落排水施設条例

平成15年4月1日 条例第170号

(平成15年4月1日施行)