○南アルプス市都市公園条例施行規則

平成15年4月1日

規則第122号

(趣旨)

第1条 この規則は、南アルプス市都市公園条例(平成15年南アルプス市条例第213号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(許可申請書)

第2条 条例第2条第1項に掲げる行為の許可を受けようとする者は、利用する日の30日前までに公園内行為許可申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 都市公園法(昭和31年法律第79号。以下「法」という。)第5条第1項の規定により公園施設の設置の許可を受けようとする者は、工事着手の日の30日前までに公園施設設置許可申請書(様式第2号)を市長に提出しなければならない。

3 法第5条第1項の規定により公園施設の管理の許可を受けようとする者は、管理開始の日の30日前までに公園施設管理許可申請書(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

4 法第6条第1項の規定により公園施設以外の工作物その他の物件又は施設を設けて都市公園の占用の許可を受けようとする者は、工事着手の日の30日前までに都市公園占用許可申請書(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

5 前各項の許可を受けた者が、これらの許可を受けた事項を変更しようとするときは、当該各項の規定に準じて速やかに公園施設等許可変更申請書(様式第5号)を市長に提出しなければならない。

(申請書の記載事項)

第3条 条例第2条第2項の規則で定める事項は、次に定めるとおりとする。

(1) 物品の販売、募金その他これらに類する行為をする場合 販売品目、販売価格、販売時間及び販売従事員数又は募金時間及び募金従事員数

(2) 業として写真を撮影する場合 営業時間又は撮影時間、料金及び撮影機の台数

(3) 業として映画又はテレビジョンの撮影を行う場合 撮影時間、所要時間、撮影のため使用する主な物品及び機械並びに現場責任者の住所及び氏名

(4) 興行をする場合 興行時間、開催回数、収容予定人員、料金、使用する主な物品及び機械並びに現場責任者の住所及び氏名

(5) 競技会等を行う場合 競技会等を行う時間、料金又は会費、参加予定人員、競技会等のために使用する主な物品及び機械並びに現場責任者の住所及び氏名

(6) 花火、キャンプファイヤー等を行うため火気を使用する場合 火気を使用する時間並びに現場責任者の住所及び氏名

(公園施設の利用)

第4条 条例第6条の公園施設を利用しようとする者は、公園施設利用申込書(様式第6号)を市長に提出しなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、次に掲げる公園施設を利用しようとする者(個人で利用する場合に限る。)は、口頭等により利用申込みをするものとする。

(1) 甲西ふれあい公園のテニスコート、ゲートボール場

(2) 櫛形総合公園のコミュニティプール、トレーニングルーム、陸上競技場

3 前2項の規定による利用申込みの受付を開始する日は、別表のとおりとする。

(許可書等の交付)

第5条 市長は、第2条の規定による申請について許可したときは、許可書(様式第7号様式第8号様式第9号様式第10号又は様式第11号)を当該申請者に交付するものとする。

2 市長は、前条第1項の規定による利用申込みについて許可したときは、許可書(様式第12号)を当該申請者に交付するものとする。

3 市長は、前条第2項の規定による利用申込みについて許可したときは、甲西ふれあい公園のテニスコート利用券(様式第13号)、ゲートボール場利用券(様式第14号)、櫛形総合公園のコミュニティプール利用券(様式第15号)、トレーニングルーム利用券(様式第16号)又は陸上競技場利用券(様式第17号)を当該申請者に交付するものとする。

(使用料等の減免)

第6条 条例第17条の規定により使用料又は占用料(以下「使用料等」という。)を減額し、又は免除する割合は、次に定めるとおりとする。

(1) 市又は市教育委員会が主催するスポーツ、レクリエーション等に利用する場合 100分の100

(2) 市が経費の一部を負担して共催するスポーツ、レクリエーション等に利用する場合 100分の50

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が特に必要と認めるとき 市長がその都度定める割合

2 前項の規定により使用料等を減額して算定する場合において、使用料等に前項第2号又は第3号に定める割合を乗じて得た額に10円未満の端数が生じたときは、これを10円に切り上げるものとする。

(使用料等の減免の申請)

第7条 条例第17条の規定により使用料等の減額又は免除を受けようとする者は、使用料等減額(免除)申請書(様式第18号)を市長に提出しなければならない。

(使用料等の還付の請求)

第8条 条例第18条ただし書の規定により使用料等の還付を受けようとする者(以下「請求者」という。)は、使用料等還付請求書(様式第19号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、使用料等の還付を決定したときは、使用料等還付決定通知書(様式第20号)により請求者に通知するものとする。

(公園施設の利用日の振替)

第9条 天災その他利用者の責めに帰することができない理由により条例第6条の公園施設を利用することができなくなった場合は、市長は、別に日を定めて利用させることができる。

(遵守事項)

第10条 条例第6条第2項により許可を受けた者(以下「利用者」という。)は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 施設又は設備を利用するときは、係員の指示に従うこと。

(2) 利用の許可を受けた目的以外に利用しないこと。

(3) 施設又は設備のき損及び汚損の防止に努めること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、都市公園の秩序の維持について市長が必要とする事項

(指定管理者が管理する場合の規定の準用)

第11条 第4条第5条第2項及び第3項第6条から第9条まで、別表様式第6号様式第12号から様式第20号までの規定は、指定管理者に都市公園又はその区域の一部の管理を行わせる場合について準用する。この場合において、第4条第1項並びに第5条第2項及び第3項中「市長」とあるのは「指定管理者」と、第6条第1項中「使用料又は占用料(以下「使用料等」という。)」とあるのは「利用料金」と、同条第2項中「使用料等」とあるのは「利用料金」と、第7条中「使用料等」とあるのは「利用料金」と、「使用料等還付請求書」とあるのは「利用料金還付請求書」と、「市長」とあるのは「指定管理者」と、第8条第2項中「市長」とあるのは「指定管理者」と、「使用料等」とあるのは「利用料金」と、「使用料等還付決定通知書」とあるのは「利用料金還付決定通知書」と、第9条中「市長」とあるのは「指定管理者」と、別表備考中「公園管理所管課長」とあるのは「指定管理者」と、様式第6号中「南アルプス市長」とあるのは「南アルプス市指定管理者」と、様式第12号中「南アルプス市長」とあるのは「南アルプス市指定管理者」と、「使用料」とあるのは「利用料金」と、様式第13号から様式第17号中「南アルプス市」とあるのは「南アルプス市指定管理者」と、様式第18号中「使用料等減免(免除)申請書」とあるのは「利用料金減免(免除)申請書」と、「南アルプス市長」とあるのは「南アルプス市指定管理者」と、様式第19号中「使用料等還付請求書」とあるのは「利用料金還付請求書」と、「南アルプス市長」とあるのは「指定管理者」と、「使用料等」とあるのは「利用料金」と、様式第20号中「使用料等還付決定通知書」とあるのは「利用料金還付決定通知書」と、「南アルプス市長」とあるのは「指定管理者」と、「使用料等」とあるのは「利用料金」と、「南アルプス会計課へ御来庁ください。」とあるのは「指定管理者受付窓口へお越しください。」と、「使用料等還付金口座振替依頼書」とあるのは「利用料金還付口座振替依頼書」と、「南アルプス市役所会計課」とあるのは「指定管理者」と読み替えるものとする。

(周知)

第12条 指定管理者は、条例第22条第3項において準用する第6条第1項の規定及び条例第22条の2第2項の規定により、供用日、供用時間又は利用料金について変更するときは、あらかじめその旨を周知しなければならない。

(工作物等を保管した場合の公示の方法)

第13条 条例第24条第1項第1号の規則で定める場所は、南アルプス市公告式条例(平成15年南アルプス市条例第3号)第2条第2項に規定する掲示場に掲示して行うものとする。

2 条例第24条第2項に規定する保管した工作物等に関する情報の内容は、保管工作物等一覧簿(様式第21号)により、次のとおり閲覧に供するものとする。

(1) 閲覧場所は、南アルプス市建設部の事務所内とする。

(2) 閲覧業務を行わない日は、日曜日、土曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日並びに12月29日から翌年の1月3日までの日とする。

(3) 閲覧時間は、午前9時から正午まで及び午後1時から午後5時までとする。

(保管した工作物等を売却する場合の手続)

第14条 条例第27条第1項及び第2項の規則で定める事項は、次に掲げるとおりとする。

(1) 当該競争入札の執行を担当する職員の職及び氏名

(2) 当該競争入札の執行の日時及び場所

(3) 契約条項の概要

(4) その他当該競争入札の執行に関し必要な事項

2 条例第27条第1項の規則で定める場所は、前条第1項の場所とする。

(その他)

第15条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成15年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の白根町都市公園条例施行規則(平成9年白根町規則第14号)、若草町都市公園条例施行規則(平成4年若草町規則第15号)、櫛形町都市公園条例施行規則(昭和63年櫛形町規則第4号)又は甲西町都市公園条例施行規則(昭和63年甲西町規則第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成16年3月30日規則第14号)

この規則は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成16年12月28日規則第45号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年12月26日規則第50号)

(施行期日)

1 この規則は、平成18年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行前に、この規則による改正前の南アルプス市都市公園条例施行規則の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則による改正後の南アルプス市都市公園条例施行規則の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成19年11月1日規則第24号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(様式に関する経過措置)

3 この規則の施行の際現にある第1条の規定による改正前の政治倫理の確立のための南アルプス市長の資産等の公開に関する規則、第4条の規定によるひとり親家庭医療費助成に関する条例施行規則及び第5条の規定による改正前の南アルプス市都市公園条例施行規則による様式(次項において「旧様式」という。)により使用されている書類は、それぞれこの規則による改正後の様式によるものとみなす。

4 この規則の施行の際現にある旧様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。

附 則(平成30年12月21日規則第20号)

この規則は、公布の日から施行する。

別表(第4条関係)

公園施設の利用申込み受付開始日

公園名

施設名

受付を開始する日

白根中央公園

球技場

利用しようとする日の3月前に当たる日

遊・湯ふれあい公園

テニスコート

利用しようとする日の1月前に当たる日

ゲートボール場

利用しようとする日の1月前に当たる日

櫛形総合公園

野球場

利用しようとする日の属する月の前月の20日

陸上競技場

利用しようとする日の属する月の前月の20日

ゲートボール場

利用しようとする日の属する月の前月の20日

甲西工業団地南公園

テニスコート兼フットサル場

利用しようとする日の1月前に当たる日

坪川公園

テニスコート

利用しようとする日の1月前に当たる日

甲西ふれあい公園

テニスコート

利用しようとする日の1月前に当たる日

ゲートボール場

利用しようとする日の1月前に当たる日

備考

1 受付を開始する日が12月29日から翌年の1月3日までに当たる場合は、1月4日に受付を開始する。

2 利用しようとする日の1月又は3月前に当たる日が当該受付月にない場合は、当該受付月の翌月の1日に受付を開始する。

3 甲西工業団地南公園及び坪川公園の受付を開始する日が、土曜日、日曜日又は国民の祝日に関する法律(以下「休日」という。)に当たる場合は、その日以後においてその日に最も近い休日でない日に受付を開始する。

4 公用又は体育の振興を目的とする公益団体が利用する場合その他公益事業等のために利用する場合に係る受付を開始する日は、公園管理主管課長が別に定める。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像画像

画像

南アルプス市都市公園条例施行規則

平成15年4月1日 規則第122号

(平成30年12月21日施行)

体系情報
第10編 設/第3章 都市計画・公園/第2節
沿革情報
平成15年4月1日 規則第122号
平成16年3月30日 規則第14号
平成16年12月28日 規則第45号
平成17年12月26日 規則第50号
平成19年11月1日 規則第24号
平成30年12月21日 規則第20号