○南アルプス市消防吏員の服制に関する規則

平成15年4月1日

規則第133号

(趣旨)

第1条 この規則は、消防組織法(昭和22年法律第226号)第16条第2項の規定に基づき、南アルプス市消防吏員の服制に関し定めるものとする。

(服制)

第2条 南アルプス市消防吏員の服制は、別表のとおりとする。

(その他)

第3条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、消防長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成15年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、解散前の峡西広域行政事務組合消防吏員の服制に関する規則(昭和48年峡西消防組合規則第19号)の規定によりなされた手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年9月29日規則第60号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年3月21日規則第13号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月24日規則第11号)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

冬制帽

濃紺

製式

男性

円形とし、前ひさし及びあごひもは、黒色とする。

あごひもの両端は、帽の両側において金色金属製消防章各1個でとめる。

形状は、図のとおりとする。

女性

円形つば型とし、帽のまわりに濃紺又はその類似色のリボンを巻くものとする。

形状は、図のとおりとする。

き章

銀色金属製消防章をモール製金色桜で抱擁する。

台地は、黒色とする。

形状及び寸法は、図のとおりとする。

周章

男性については、帽の腰まわりに黒色のななこ織を巻き、消防司令以上の場合にはじゃ腹組金線及びじゃ腹組黒色線を、消防司令補の場合にはじゃ腹組黒色線を巻くものとする。

形状及び寸法は、図のとおりとする。

夏制帽

制式

男性

円形とし、前ひさし及びあごひもは、紺又はその類似色とする。

あごひもの両端は、帽の両側において金色金属製消防章各1個でとめる。

天井の両側にはと目をつけ、通風口とする。

腰は、藤づるあみとし、すべり革には、所要の通風口をつける。

天井の内側には、汚損よけをつける。

形状は、冬制帽と同様とする。

女性

冬制帽と同様とする。ただし、リボンは紺色又はその類似色とする。

き章

冬制帽と同様とする。ただし、台地は紺又はその類似色とする。

周章

男性については、帽の腰まわりに紺又はその類似色のななこ織を巻くものとする。

形状及び寸法は、冬制帽と同様とする。

冬制服

上衣

冬制帽と同様とする。

製式

前面

男性

折りえり

胸部は二重とし、消防章をつけた金色金属製ボタンを2行に各3個つける。

形状は、図のとおりとする。

女性

打合わせを右上前とするほかは、男性と同様とする。

形状は、図のとおりとする。

階級章

黒の台地とし、上下両縁に金色ししゅう状を施し、中央に平織金線及び銀色消防章をつける。

階級章は、右胸部につける。ただし、消防長の職にある者は、これをつけないことができる。

形状及び寸法は、図のとおりとする。

消防長章

銀色の台地とし、金色線3条及び黒色線2条を配し、中央に、いぶし銀色の桜葉及び銀みがきの桜花で囲んだはめ込みの金色消防章を配する。

消防長章は、階級章の上部につける。

形状及び寸法は、図のとおりとする。

そで章

黒色しま織線1条に、消防司令補以上はじゃ腹組金線1条を、消防士長はじゃ腹組銀線1条を表半面にまとい、その下部に、消防司令以上の場合には金色金属製消防章をつける。

形状及び寸法は、図のとおりとする。

エンブレム

左上腕表面部の位置にエンブレム用マジックテープ台を縫い付け、エンブレムはマジックテープで止める。

形状は、図のとおりとする。

下衣

上衣と同様とする。

製式

男性

長ズボンとする。

形状は、図のとおりとする。

女性

長ズボン、スカートとする。

形状は、図のとおりとする。

ワイシャツ

白無地の織物

ネクタイ

濃紺無地の織物

手袋

白の織物

夏制服

上衣

淡青

製式

前面

男性

シャツカラーの長そで、半そでとする。

淡青又はその類似色のボタンを1行につける。

形状は、図のとおりとする。

女性

打合わせを右前上とするほかは、男性と同様とする。

肩章

外側の端を肩の縫目に縫いこみ、えり側を淡青又はその類似色のボタン1個でとめる。

階級章

冬制服上衣と同様とする。

消防長章

エンブレム

冬制服上衣と同様とする。ただし、半そでの場合は除く。

下衣

夏制帽と同様とする。

製式

男性

長ズボンとする。

形状は、図のとおりとする。

女性

長ズボン、スカートとする。

形状は、図のとおりとする。

略帽

冬アポロキャップ

製式

前ひさしは、地質と同様とし、腰の後部に締め付けをつける。

形状は、図のとおりとする。

夏アポロキャップ

製式

冬アポロキャップと同様とする。ただし、上部の一部をメッシュとする。

冬活動服

上衣

色又は地質

紺とし、えり、肩及び背面上部にオレンジ色を配した防炎性素材とする。

製式

前面、背面

長そでとし、背面上部に消防本部名を表示する。

立ち折りえり(小開き式)の長そでとする。

形状は、図のとおりとする。

階級章

冬制服上衣と同様とする。

エンブレム

冬制服上衣と同様とする。

ズボン

色及び地質

上衣と同様とする。

製式

長ズボンとする。

形状は、図のとおりとする。

夏活動服

上衣

色及び地質

冬活動服上衣と同様とする。

製式

半そでとし、その他は、冬活動服上衣と同様とする。

ズボン

色及び地質

上衣と同様とする。

製式

冬活動服ズボンと同様とする。

冬救急服

上衣

色及び地質

明るい青みの灰色で、表面はポリエステルを、裏面はポリエステルと綿との混紡糸を使用したピッケとする。

製式

前面

台えり付きシャツカラーの長そでとし、ウエストラインにタックをいれる。

比翼仕立てとし、胸部左右に各1個、左肩下に1個のポケットをつける。

えりに、ポリエステルと綿との混紡糸を使用した白色のブロードの替えりをつける。

胸部左のポケット上部に、消防本部名を縫いつけ、背面上部に消防本部名を表示する。

形状は、図のとおりとする。

肩章

外側の端を肩の縫目に縫いこみ、白色の反射テープの肩章カバーを差しこむとともに、えり側を灰色又はその類似色のボタン1個でとめる。

階級章

冬制服上衣と同様とする。

ズボン

色及び地質

暗い灰色で、ポリエステルと羊毛の混紡糸を使用したサクソニー

製式

長ズボンとする。形状は、図のとおりとする。

夏救急服

上衣

色及び地質

明るい青みの灰色で、ポリエステルを使用したピンホールトロピカル

製式

半そでとし、その他は,冬救急服上衣と同様とする。

形状は、図のとおりとし、図中2重斜線部分はスリット空き、背裏メッシュ仕立てとする。

ズボン

色及び地質

暗い灰色で、ポリエステルと羊毛との混紡糸を使用した霜降りトロピカル

製式

冬救急服ズボンと同様とする。

救助服

上衣

色及び地質

オレンジ色で防炎性素材とする。

製式

前面、背面

折りえりの長そでとし、胸部左右に各1個のポケットをつける。

前面左ポケット上部及び背面上部に消防本部名を表示する。

形状は図のとおりとし、図中2重斜線の部分は当て地とする。

階級章

冬制服上衣と同様とする。

ズボン

色及び地質

上衣と同様とする。

製式

長ズボンとし、両ももの側面に各1個のポケットをつける。

形状は図のとおりとし、図中2重斜線の部分は当て地とする。

保安帽

色及び地質

白色の強化合成樹脂又は堅ろうな材質

製式

かぶと型とし、内部に頭部の震動を防ぐ装置をつける。

帽の縁に黒色のビニール製又はゴム製の緩衝物をつける。

あごひもは、合成繊維とする。

形状は、図のとおりとする。

き章

シール型消防章とする。

形状及び寸法は、図のとおりとする。

周章

帽の腰まわり左右に消防本部名を表示し、後部に階級表示する。

防火帽

色及び地質

銀色の強化合成樹脂又は堅ろうな材質

製式

かぶと型とし、内部に頭部の震動を防ぐ装置及び顔面保護板をつける。

前後部にひさしをつけ、あごひもは合成繊維とし、締め金具つきとする。

形状は、図のとおりとする。

き章

銀色金属製消防章を金色金属製桜で抱擁する。

台地は、黒色革製又はこれに類似するものとする。

形状及び寸法は、図のとおりとする。

周章

帽の腰まわり左右に消防本部名を表示し、後部に階級表示する。

しころ

色及び地質

濃紺の難燃性繊維の織物

製式

取り付け金具により帽に付着させるものとし,前面は両眼で視認できる部分を除き閉じることができるものとする。

形状は、図のとおりとする。

防火衣

上衣

色及び地質

防火帽しころと同様とする。

製式

折りえり安全帯付きとし、外衣と中衣の多層構造で、外衣と中衣は、脱着可能なものとする。

中衣は防水層と防熱層の合わせとする。

肩及びその前後に耐衝撃材を入れる。

前合せは、ファスナーとし、左右側方及び右胸部に各1個のふた付きポケットを付ける。

背面上部に消防本部名を表示する。

形状は、図のとおりとする。

ズボン

色及び地質

上衣と同様とする。

製式

長ズボンとする。

外衣と中衣の2重構造で、外衣と中衣は、脱着可能なものとする。

中衣は防水層とする

形状は、図のとおりとする。

防寒衣

ジャンパー

色及び地質

紺色の合成繊維

製式

折りえりとし、前面はファスナー及びボタン併用型前開きとする。

そでは、3枚はぎとし、そで口は水かきつきカフス形状で平ゴムでしぼり、調整用マジックテープをつける。

背面上部に消防本部名を表示する。

形状は,図のとおりとする。

雨衣

上衣

色及び地質

黄色又はオレンジ色の合成繊維防水布

製式

立ちえりとし、フードをつけ、えりの下部にフードとめホックをつける。

前面はファスナー及びボタン併用型前開きとする。

そでは長そでとし、そで口は二重そでとする。

胸部左側及び背面上部に消防本部名を表示する。

形状は、図のとおりとする。

ズボン

色及び地質

上衣と同様とする。

製式

長ズボンとする。

形状は、図のとおりとする。

活動用手袋

布製又は革製

ハイネックシャツ

紺色の長そでとする。

ベルト

制服用

合成繊維とし、銀色前金具の中央には消防章を付ける。

活動服、救助服用

合成繊維とし、2穴式とする。

救急服用

白の合成皮革とし、前金具の色は銀色とし、白色の反射テープをつける。

短靴

黒色の革製又はこれに類似するもの。

防火靴

黒色のゴム製又はこれに類似するもの。

前部編上げにより太さを調整し、横ファスナーで着脱が容易な構造とする。

先しん及び踏抜き防止鋼板入りのゴム長靴とする。

形状は、図のとおりとする。

編上靴

黒色の革製又は布製

消防手帳及び職員証

表紙は、濃い茶色の革製又はこれに類似するものとする。中央上部に消防章を、その下に「南アルプス市消防本部」をそれぞれ金色で表示し、表紙内側には、職員証入れをつける。

形状及び寸法は、図のとおりとする。

備考 やむを得ない場合は、地質及び製式については、類似のものをもって替えることができる。

(数字は寸法を示し、その単位はミリメートルとする。)

1 冬帽及び夏帽

(1) 男性

正面

側面

画像

画像

(2) 女性

正面

側面

画像

画像

(3) き章等

き章

消防章

あごひもとめ消防章

画像

画像

画像

(4) 周章

消防司令長

消防司令

画像

画像

消防司令補

消防士長、消防副士長、消防士

画像

画像

2 冬服

(1) 上衣

前面(男性)

前面(女性)

後面

画像

画像

画像

(2) 下衣

ズボン

スカート

画像

画像

(3) ボタン

画像

(4) 階級章

消防司令長

消防司令

画像

画像

消防司令補

消防士長

画像

画像

消防副士長

消防士

画像

画像

(5) 消防長章

画像

(6) そで章

消防司令長

消防司令

消防司令補

画像

画像

画像

消防士長

消防副士長、消防士


画像

画像


(7) エンブレム

画像

3 夏服

(1) 長そで

前面

後面

画像

画像

(2) 半そで

前面

後面

画像

画像

(3) ズボン、スカート

ズボン

スカート

画像

画像

4 アポロキャップ

画像

画像

5 冬活動服

前面

後面

ズボン

画像

画像

画像

6 夏活動服

前面

後面

ズボン

画像

画像

画像

7 冬救急服

前面

後面

ズボン

画像

画像

画像

8 夏救急服

前面

後面

画像

画像

9 救助服

前面

後面

ズボン

画像

画像

画像

10 保安帽

前面

側面

き章

画像

画像

画像

11 防火帽

前面

側面

画像

画像

き章

しころ

画像

画像

12 防火衣

前面

後面

画像

画像

ズボン

画像

画像

13 防寒ジャンパー

前面

後面

画像

画像

14 雨衣

前面

後面

画像

画像

ズボン

フード

画像

画像

15 靴

短靴

防火靴

編上靴

画像

画像

画像

16 消防手帳及び職員証

画像

画像

南アルプス市消防吏員の服制に関する規則

平成15年4月1日 規則第133号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第12編 防/第1章 消防本部・消防署
沿革情報
平成15年4月1日 規則第133号
平成18年9月29日 規則第60号
平成24年3月21日 規則第13号
平成29年3月24日 規則第11号