○南アルプス市公用自動車管理規程

平成15年4月1日

訓令第1号

(趣旨)

第1条 この訓令は、公用自動車の適切な管理及び効率的使用を図るために必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令において次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 公用自動車 道路運送車両法(昭和26年法律第185号)第2条第2項及び第3項に規定する自動車及び原動機付自転車であって、市の所有に属するもの及び市がリース契約により借り受けているものをいう。

(2) 指定車 特殊な業務遂行上必要があると認めて、管財課長が指定し、各所属に長期に貸し付ける公用自動車をいう。

(3) 所属長 南アルプス市行政組織規則(平成15年南アルプス市規則第4号)第10条に規定する課長又はこれに相当する職にある者をいう。

(安全運転管理者等)

第3条 道路交通法(昭和35年法律第105号)第74条の2に規定する安全運転管理者及び副安全運転管理者(以下「安全運転管理者等」という。)を管財課に置く。

2 安全運転管理者等は、道路交通法施行規則(昭和35年総理府令第60号)第9条の9に定める資格要件を備える者のうちから市長が任命する。

(安全運転管理者等の職務)

第4条 安全運転管理者は、安全運転に関する管理全般の職務に従事し、副安全運転管理者は、安全運転管理者の指揮を受け、安全運転管理者の行う職務を補助する。

(車両管理等)

第5条 公用自動車の総括管理は、安全運転管理者が行う。

2 安全運転管理者は、公用自動車の管理の万全を期するために車両責任者を任命する。

(車両責任者の職務)

第6条 車両責任者は、公用自動車の点検、整備その他必要な業務を行い、車両管理簿(様式第1号)に必要な事項を記載し、毎月5日までに前月分の車両管理簿を安全運転管理者に提出しなければならない。

(指定及び返納)

第7条 所属長は、公用自動車の指定を受けようとするときは、公用自動車指定申請書(様式第2号)を安全運転管理者に提出しなければならない。

2 安全運転管理者は、前項の公用自動車指定申請書の提出があった場合は、内容を調査の上、適当と認めるときは、指定の通知をするものとする。

3 所属長は、公用自動車を返納するときは、公用自動車指定返納書(様式第3号)を安全運転管理者に提出し、公用自動車を返納する。

(使用の原則)

第8条 公用自動車の使用の原則は、次に定めるところによる。

(1) 所属に指定車が配置されている場合は、指定車を使用し、指定車が使用できない場合は、公用自動車を使用する。

(2) 前号の規定により公用自動車が使用できない場合は、他の所属の指定車を使用することができる。

(使用の基準)

第9条 公用自動車は、次に掲げる場合に使用することができる。

(1) 職員が公務に従事するために必要があるとき。

(2) 来訪者等の接遇のため必要があるとき。

(3) 市長が特に必要があると認めたとき。

(使用申込み)

第10条 公用自動車を使用する者(以下「使用者」という。)は、公用自動車使用簿(様式第4号)に必要な事項を記載し、安全運転管理者の許可を得なければならない。

2 使用時間の変更若しくは用務地の変更があったとき、又は使用の必要がなくなったときは、直ちに車両責任者に通知しなければならない。

(使用者の遵守事項)

第11条 公用自動車の使用者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 勤務時間外又は勤務時間外にわたる使用は、避けるように努めること。

(2) 安全運転をするように努めること。

(3) 運転者に飲酒の機会を与えないこと。

2 公用自動車の使用者は、公用自動車使用簿記載の使用時間等を厳守し、みだりに使用時間及び用務地の変更をしてはならない。

(運転者の遵守事項)

第12条 公用自動車の運転者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 公用自動車の運転の前後には、必ず点検を行い、異常があるときは、直ちに車両責任者に報告すること。

(2) 法令を厳守し、安全かつ確実に運転を行い、特に酒気を帯びて運転をしないこと。

(3) 運行中に交通事故が発生したときは、法令に定められた処置をとり、速やかに安全運転管理者等を経て、交通事故報告書(様式第5号)により市長に報告してその指示を受けること。

(損害の賠償)

第13条 公用自動車を運行中に発生した交通事故により生じた損害賠償金は、職員が加害者である場合にあっては、当該公用自動車に付した自動車損害賠償保険及び任意保険による保険金をもって、職員が被害者である場合にあっては、加害者からの損害賠償金をもって、それぞれ充当するものとする。

2 前項の損害賠償金が不足する場合は、市が負担するものとする。

(燃料の補給)

第14条 燃料を補給しようとするときは、車両責任者の許可を得て補給する。

(かぎの保管)

第15条 公用自動車のかぎは、車両責任者が保管する。

(緊急統制)

第16条 災害その他緊急の場合においては、安全運転管理者は、すべての公用自動車の使用の統制をすることができる。

(その他)

第17条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は市長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月25日訓令第8号)

この訓令は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月22日訓令第8号)

この訓令は、平成31年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

南アルプス市公用自動車管理規程

平成15年4月1日 訓令第1号

(平成31年4月1日施行)