○南アルプス市バス使用規程

平成15年4月1日

訓令第2号

(趣旨)

第1条 この訓令は、庁用車のバス(以下「バス」という。)の効率的な使用を行うために必要な事項を定めるものとする。

(使用できる者)

第2条 バスを使用することができる者(以下「使用者」という。)は、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 市の各機関及び各団体の諸行事、研修等に使用する者

(2) 前号に掲げるもののほか、市長が必要と認める者

(運行基準)

第3条 バスの運行範囲は、県内に限るものとする。

2 運行時間は、原則として午前8時30分から午後5時までとする。ただし、市長が特に必要と認めるときは、この限りでない。

(運営委員会)

第4条 バスの使用及び運営について必要と認めるときは、南アルプス市バス運営委員会(以下「委員会」という。)を置くことができる。

2 委員会は、総務部長、総務部管財課長、支所長のほか、市職員のうちから市長が任命する委員15人以内をもって組織する。

3 委員会に会長及び副会長を置く。

4 会長は総務部長を、副会長は総務部管財課長をもって充てる。

5 委員会は、会長が招集し、会長が議長となる。

6 委員会の庶務は、総務部管財課において処理する。

(使用手続)

第5条 バスを使用しようとする者は、当該担当課長(団体にあっては、所管課長)を経て、総務部長にバス使用許可申請書(別記様式)を提出するものとする。

(使用決定)

第6条 総務部長は、前条の規定による申込みのあったものについて審査し、使用者を決定する。

(遵守事項)

第7条 使用者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 安全運転を行うよう協力すること。

(2) 運転者に飲酒の機会を与えないこと。

(3) 使用中は、車内を常に清潔にすること。

(臨機の措置)

第8条 使用者又は運転者は、運転中事故が発生したときは、その旨を総務部長に報告し、その指示を受け、必要な措置を講じなければならない。

(修理費用の負担)

第9条 使用者又は搭乗者が、バスに故意又は過失によって損害等を与えた場合は、その修理又は補充に要する費用を使用者又は搭乗者に負担させることができる。

(その他)

第10条 この訓令に定めるもののほか、バスの使用については、南アルプス市公用自動車管理規程(平成15年南アルプス市訓令第1号)の例による。

附 則

この訓令は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月25日訓令第8号)

この訓令は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成17年7月13日訓令第22号)

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(平成21年3月31日訓令第39号)

この訓令は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月22日訓令第8号)

この訓令は、平成31年4月1日から施行する。

画像

南アルプス市バス使用規程

平成15年4月1日 訓令第2号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
南アルプス市規程・要綱集/第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成15年4月1日 訓令第2号
平成17年3月25日 訓令第8号
平成17年7月13日 訓令第22号
平成21年3月31日 訓令第39号
平成31年3月22日 訓令第8号