○南アルプス市戸籍事務取扱規程

平成15年4月1日

訓令第9号

(趣旨)

第1条 本市における戸籍に関する事務の取扱いについては、法令その他別に定めるもののほか、この訓令に定めるところによる。

(戸籍簿及び除籍簿)

第2条 戸籍簿及び除籍簿並びに戸籍事務取扱準則(平成7年甲府地方法務局訓令第1号)に定める諸帳簿は、市民部戸籍市民課(以下「戸籍市民課」という。)において保管する。

(戸籍届書受付簿)

第3条 八田支所、白根支所、芦安支所、若草支所及び甲西支所の窓口サービスセンター長(以下「センター長」という。)は、戸籍届書受付簿(様式第1号。以下「受付簿」という。)を設けなければならない。

(届書等の処理)

第4条 センター長は、戸籍に関する届書を受理したときは、受付簿に記載し、支所名、受付番号及び受理年月日を当該届書に記載しなければならない。

2 センター長は、戸籍に関する届書及びその関連書類(以下「届書等」という。)を受理したときは、遅滞なくその届書等を戸籍市民課長に送付しなければならない。

3 前項の規定により送付された届書等の処理は、戸籍市民課長が行う。

(届書等の送付方法)

第5条 センター長は、前条第2項の規定により届書等を送付するときは、戸籍書類等送付簿(様式第2号)を用い、その授受を明らかにしなければならない。

(申請書類の保管)

第5条の2 戸籍に関する証明書の申請書類の保管は、当該書類を受理した戸籍市民課又は窓口サービスセンターにおいて行う。

(戸籍の記載)

第6条 戸籍の記載は、戸籍市民課長が行う。

(届出等を怠った旨の通知)

第7条 戸籍法施行規則(昭和22年司法省令第94号)第65条の規定による通知は、届書等を受理した戸籍市民課長が行う。

(照会)

第8条 戸籍事務の取扱いに関し疑義を生じた場合における照会の手続は、戸籍市民課長が行う。

(事件表の作成)

第9条 事件表は、戸籍市民課長が集計する。

(不受理の申出)

第10条 不受理の申出書を受理したセンター長は、その写しを保管し、直ちに戸籍市民課長に当該申出書を送付するとともに、他のセンター長にその写しを送付しなければならない。

(届書等の整理及び送付)

第11条 届書等の整理及び管轄法務局への送付は、戸籍市民課長が行う。

(戸籍及び除籍の副本の送付)

第12条 前条の規定は、戸籍法施行規則第15条の規定による戸籍又は除籍の副本の処理について準用する。

(帳簿類の廃棄)

第12条の2 帳簿類の廃棄については、戸籍市民課において一括して処理する。

(人口動態調査票の作成)

第13条 人口動態調査票は、戸籍市民課長が作成する。

(相続税法による通知)

第14条 相続税法(昭和25年法律第73号)第58条第1項の規定による通知の作成及び所轄税務署への送付は、戸籍市民課長が行う。

(在日外国人の死亡通知)

第15条 在日外国人の死亡通知は、戸籍市民課長が作成し、関係機関に送付する。

附 則

この訓令は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月25日訓令第8号)

この訓令は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月26日訓令第24号)

この訓令は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月19日訓令第5号)

この訓令は、平成27年4月1日から施行する。

画像

画像

南アルプス市戸籍事務取扱規程

平成15年4月1日 訓令第9号

(平成27年4月1日施行)