○南アルプス市交通安全対策推進協議会規約

平成15年4月1日

訓令第16号

(名称)

第1条 この会は、南アルプス市交通安全対策推進協議会(以下「協議会」という。)という。

(目的)

第2条 協議会は、交通の著しいふくそうと交通事故激増等の情勢にかんがみ、交通安全市として交通事故の絶滅を期し、交通安全の円滑化を図るため有効かつ適切な施策を協議し、及び推進することを目的とする。

(事業)

第3条 協議会は、前条の目的を達成するために、次の事項を協議し、及び推進する。

(1) 交通事故防止運動の推進に関すること。

(2) 交通事故防止上必要な調査及び研究に関すること。

(3) 交通安全思想の普及及び徹底並びに交通道徳の高揚に関すること。

(4) 交通安全教育の推進に関すること。

(5) 道路及び交通環境の整備及び改善に関すること。

(6) 交通安全推進機関団体の育成及び助長に関すること。

(7) 被害者救済対策の確立に関すること。

(8) 前各号に掲げるもののほか、協議会の目的達成に必要なこと。

(構成)

第4条 協議会は、関係機関及び団体の役員をもって委員とし、協議会を構成する。

2 委員の任期は、その役職の任期とする。

(役員)

第5条 協議会に次の役員を置く。

(1) 会長 1人

(2) 副会長 3人

2 会長は、会務を総理し、協議会を代表する。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、会長があらかじめ指名する副会長が、その職務を代理する。

(顧問)

第6条 協議会に顧問を置くことができる。

2 顧問は、協議会の議を経て会長が委嘱する。

3 顧問は、会議に出席して意見を述べることができる。

(会議)

第7条 協議会は、年2回以上開催することを原則とする。ただし、事業執行上必要があるときは、その都度会長が招集し、次の事項を審議する。

(1) 事業報告及び事業計画に関すること。

(2) 規約の変更

(3) 前2号に掲げるもののほか、協議会の運営に関し重要な事項

(会計)

第8条 協議会の運営経費は、南アルプス市一般会計をもって充てる。

(事務局)

第9条 協議会の事務を処理するため、事務局を置く。

2 事務局に事務局長及び事務局員を置き、会長がこれを任免する。

(その他)

第10条 この規約に定めるもののほか、協議会の運営に関し必要な事項は、会長が定める。

附 則

この規約は、平成15年4月1日から施行する。

南アルプス市交通安全対策推進協議会規約

平成15年4月1日 訓令第16号

(平成15年4月1日施行)

体系情報
南アルプス市規程・要綱集/第3編 執行機関/第1章 長/第9節 交通対策・防犯
沿革情報
平成15年4月1日 訓令第16号