○南アルプス市乳児用チャイルドシート貸与事業実施要綱

平成15年4月1日

告示第6号

(目的)

第1条 この事業は、乳児の保護者に対し、乳児用チャイルドシートを貸与することにより、交通事故による自動車同乗中の乳児の被害の軽減を図るとともに、乳児用チャイルドシート購入に伴う負担の軽減を図り、もって幼児の交通安全、チャイルドシートの着用促進及び市民の福祉の増進に寄与することを目的とする。

(定義)

第2条 この告示において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 乳児用チャイルドシート 道路交通法(昭和35年法律第105号)第71条の3第3項に定める幼児用補助装置で、身長おおむね66センチメートル以下、体重おおむね9キログラム未満の幼児用に作られたものをいう。

(2) 乳児 満1歳未満の者をいう。

(実施主体)

第3条 この事業の実施主体は、南アルプス市とする。ただし、乳児用チャイルドシートの貸与及び維持管理については、委託することができるものとする。

(対象者)

第4条 この事業の対象となる者は、次に掲げる者とする。

(1) 本市の住民基本台帳に記録されている者で、乳児の保護者(出産予定者も含む。)であるもの

(2) 前号に掲げるもののほか、市長が認めるもの

(貸与の申請)

第5条 乳児用チャイルドシートの貸与を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、市長に、出産前のときは乳児用チャイルドシート貸与申請書(出産前用)(様式第1号)を、出産後のときは乳児用チャイルドシート貸与申請書(乳児用)(様式第1号の2)により申請を行うものとする。

(貸与の決定)

第6条 市長は、前条の申請を受けたときは、内容を審査のうえ、速やかに貸与の可否についての決定を行うものとする。

2 市長は、前項の決定がなされたときは、乳児用チャイルドシート貸与決定(却下)通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(貸与の期間)

第7条 乳児用チャイルドシートの貸与期間は、出産予定日の1箇月前から当該シートを着用している乳児の満1歳の誕生日の前日までとする。

(費用負担)

第8条 乳児用チャイルドシートの貸与を請けた者(以下「貸与者」という。)の費用負担は、無料とする。

(貸与の遵守事項)

第9条 貸与者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 乳児用チャイルドシートを目的に反して使用し、譲渡し、転貸し、又は担保に供しないこと。

(2) 乳児用チャイルドシートの現状を変更し、又は工作を加えないこと。

(3) 乳児用チャイルドシートが破損し、又は著しく汚れた場合は、市長に連絡し、指示に従うこと。

(貸与の取消し)

第10条 市長は、貸与者が次の各号のいずれかに該当するときは、貸与の決定を取り消すこととし、貸与期間においても、貸与者に返却を命ずることができるものとする。

(1) 前条に規定する遵守事項に違反したとき。

(2) 前号に掲げるもののほか、市長の指示した事項に従わないとき。

(返却)

第11条 貸与者は、次の各号のいずれかに該当するときには、乳児用チャイルドシートを返却しなければならない。

(1) 貸与の期間が終了したとき。

(2) 市外に転出するとき。

(3) 乳児用チャイルドシートを着用している乳児の体形が、当該シートに会わなくなったとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、乳児用チャイルドシートを必要としなくなったとき。

(台帳の整備)

第12条 市長は、乳児用チャイルドシート貸与台帳(様式第3号)により、貸与の状況を整理するものとする。

附 則

この告示は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成18年8月1日告示第144号)

この告示は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年7月16日告示第91号)

この告示は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年6月26日告示第92号)

(施行期日)

第1条 この告示は、平成24年7月9日から施行する。

画像

画像

画像

画像画像

南アルプス市乳児用チャイルドシート貸与事業実施要綱

平成15年4月1日 告示第6号

(平成24年7月9日施行)

体系情報
南アルプス市規程・要綱集/第3編 執行機関/第1章 長/第9節 交通対策・防犯
沿革情報
平成15年4月1日 告示第6号
平成18年8月1日 告示第144号
平成20年7月16日 告示第91号
平成24年6月26日 告示第92号