○南アルプス市高齢者インフルエンザ予防接種実施要綱

平成15年4月1日

告示第45号

(趣旨)

第1条 この告示は、予防接種法(昭和23年法律第68号)に基づき南アルプス市が実施する高齢者インフルエンザ予防接種(以下「予防接種」という。)の円滑な運営を期するため、必要な事項を定めるものとする。

(実施方法及び実施場所)

第2条 予防接種の実施に際しては、南アルプス市と予防接種委託契約を締結した医療機関(以下「指定医療機関」という。)において、その委託契約書に基づき実施する。

(対象者の範囲)

第3条 予防接種法施行令(昭和23年政令第197号)により、インフルエンザの定期予防接種を行う対象者は市内に住所を有する者で、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 予防接種当日満65歳以上の者

(2) 予防接種当日満60歳以上65歳未満の者であって、心臓、腎臓若しくは呼吸器の機能の障害又はヒト免疫不全ウィルスによる免疫の機能の障害を有するものとして厚生労働省令で定めるもの

(実施期間)

第4条 予防接種の実施期間は、10月1日から翌年1月31日までとする。

(接種費用)

第5条 予防接種に要する費用のうち、一部を被接種者の自己負担とし、指定医療機関の窓口において、1件当たり1,000円を支払うものとする。ただし、生活保護法(昭和25年法律第144号)の規定による被保護者及び中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律(平成6年法律第30号)の規定による支援給付を受けている者は、自己負担を支払うことを要しない。

(接種方法及び使用ワクチン)

第6条 接種方法及び使用ワクチンは、次のとおりとする。

接種方法

接種量

使用ワクチン

1年度に1回皮下に接種

0.5ミリリットル

インフルエンザHAワクチン

(周知方法)

第7条 第3条第1号による接種対象者には、予防接種についての必要事項を個別に通知し、同条2号による対象者には「広報南アルプス」により周知する。

2 指定医療機関は、「南アルプス市高齢者インフルエンザ予防接種委託医療機関」であることを掲示する。

(予防接種手続)

第8条 接種対象者は、市長が交付した高齢者インフルエンザ予防接種受診票(以下「接種票」という。)及び予診票を指定医療機関に持参し、予防接種を受ける。

(予診と接種の実施)

第9条 指定医療機関は、次に掲げる事項を行わなければならない。

(1) 予診

 被接種対象者の接種受診票を確認し、南アルプス市民であること、接種対象年齢であること及び有効期間内であることの確認

 あらかじめ交付されている予診票に記入漏れがないかの確認

 予診を行うに当たっては、接種対象者が接種案内の内容についてよく読み、予防接種の必要性等を理解しているか確認し、読んでいない場合には必ず読ませなければならない。

 接種不適当者あるいは接種要注意者に該当しないか、さらに被接種対象者の健康状態を把握するために、指定医療機関において、予診票に基づく問診、検温、視診及び聴診等の診察

(2) 接種

 被接種者が予診票に接種希望の署名をした後、接種する。

(3) 接種後の処理

 予診票に使用ワクチンのロットNo.・実施場所・接種医師名・接種年月日を記入する。

 「予防接種済証」に被接種者氏名・住所・接種年月日・ワクチンのロットNo.・医療機関名を記入し、被接種者に渡し、記録として保管するよう説明する。

 自己負担金を医療機関の窓口で徴収する。予防接種券に無料の記載がある者からは徴収しない。

 接種後の注意事項を説明するとともに、必要な指導を行う。

(4) 接種委託料の請求

 接種委託料の請求に当たっては、所定の予防接種委託料請求明細書を使用する。

 予防接種委託請求明細書には、必ず予診票と接種受診票を請求明細内容に合致した数だけ添付し、毎月15日までに請求する。

(副反応発生時の対応)

第10条 接種医は、被接種者から接種後の副反応の相談や連絡を受けたときは、次に掲げる事項について記録し、必要な指導又は処置を行い、その結果について確認しなければならない。

(1) 被接種者又は家族から詳しく問診し、病歴を確実に記載しておく。

(2) 主要症状について確実に把握し、詳細に記載しておく。また、接種部位の変化(発赤、腫脹及び化膿等)の有無及び程度について必ず観察し、記載する。

2 ワクチン接種による副反応と思われる症状が発生したときは、直ちに「予防接種後副反応報告」(別添)の内容に基づき、厚生労働省へ報告し、市長は厚生労働省より副反応報告に関する情報提供があった場合には、中巨摩郡医師会へ報告を行わなければならない。

3 市長は、予防接種との因果関係が否定できない事例で死亡、又は通常生ずる副反応の程度を超える健康被害が発生した場合には、ただちに対応しなければならない。

附 則

この告示は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成15年10月20日告示第105号)

(施行期日)

1 この告示は、公布の日から施行する。

2 南アルプス市高齢者インフルエンザ予防接種事業の被接種者負担に関する要綱(平成15年南アルプス市告示第46号)は、廃止する。

(経過措置)

3 この告示の施行の前の前日において第2条に規定によりなされた処分、手続きその他の行為は、この告示の相当規定によりなされた処分、手続きその他の行為とみなす。

附 則(平成16年9月15日告示第60号)

この告示は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年10月11日告示第96号)

この告示は、公布の日から施行し、改正後の南アルプス市高齢者インフルエンザ予防接種実施要綱の規定は、平成17年10月1日から適用する。

附 則(平成22年9月27日告示第160号)

この告示は、平成22年10月1日から施行する。

附 則(平成23年10月26日告示第152号)

この告示は、公布の日から施行し、改正後の南アルプス市高齢者インフルエンザ予防接種実施要綱の規定は、平成23年10月1日から適用する。

附 則(平成24年7月30日告示第103号)

この告示は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年9月25日告示第148号)

この告示は、平成26年10月1日から施行する。

別添 略

南アルプス市高齢者インフルエンザ予防接種実施要綱

平成15年4月1日 告示第45号

(平成26年10月1日施行)

体系情報
南アルプス市規程・要綱集/第8編 生/第3章 生/第1節 保健衛生
沿革情報
平成15年4月1日 告示第45号
平成15年10月20日 告示第105号
平成16年9月15日 告示第60号
平成17年10月11日 告示第96号
平成22年9月27日 告示第160号
平成23年10月26日 告示第152号
平成24年7月30日 告示第103号
平成26年9月25日 告示第148号