○南アルプス市勤労者生活安定資金預託要綱

平成15年4月1日

告示第62号

(目的)

第1条 この告示は、勤労者生活安定資金預託の制度を定めてその事務の適正化を図り、もって勤労者の生活安定に寄与することを目的とする。

(対象者)

第2条 この告示による対象者は、本市に住所を有する勤労者とする。

(預託金の預託)

第3条 この告示に規定する預託金は、市長が定める別途金融機関(以下「金融機関」という。)に預託するものとする。

(協調資金)

第4条 金融機関は、この告示による預託を受けた預託金と同額以上の自己資金とを加えた額を融資するものとする。

(預託の条件)

第5条 預託の条件は、次に定めるところによる。

(1) 預託金の限度額は、毎年度の予算の範囲内の額とする。

(2) 預託期間は、預託を行った日から当該年度の末日までとする。

(3) 償還期間は、当該年度の末日までとする。

(4) 預託金に付すべき利子は、市長が金融機関と協議して定めるものとする。

(預託金の調査、報告等)

第6条 市長は、金融機関に対し、地方自治法(昭和22年法律第67号)第221条第2項の規定に基づく調査をし、又は報告を徴することができる。

(預託金の返済)

第7条 市長は、金融機関がこの告示の規定に違反して預託金を他に転用したときは、預託金の全部又は一部を返還させるものとする。

(その他)

第8条 この告示に定めるもののほか、預託金の運用に関し必要な事項は、市長が金融機関と協議してその都度定めるものとする。

附 則

この告示は、平成15年4月1日から施行する。

南アルプス市勤労者生活安定資金預託要綱

平成15年4月1日 告示第62号

(平成15年4月1日施行)

体系情報
南アルプス市規程・要綱集/第9編 産業経済/第3章
沿革情報
平成15年4月1日 告示第62号