○南アルプス市放課後児童クラブ条例施行規則

平成16年3月30日

規則第8号

(趣旨)

第1条 この規則は、南アルプス市放課後児童クラブ条例(平成16年南アルプス市条例第2号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用定員)

第2条 南アルプス市放課後児童クラブ(以下「児童クラブ」という。)の利用定員は、別表第1のとおりとする。

(指導内容)

第3条 児童クラブの指導内容は、児童が遊びや生活を通して成長発達することを基本として指導計画を立案し、実践していくものとする。

(関係機関との連携)

第4条 児童クラブは、家庭、学校及び地域が一体となり、児童福祉、学校教育、社会教育等の関係機関との連携を取り、事業を推進していくものとする。

(入会の手続等)

第5条 児童クラブに入会を希望する児童の保護者は、放課後児童クラブ入会申請書(様式第1号)を提出し、市長の承諾を受けなければならない。

2 市長は、前項の承諾に際し、必要な条件を付すことができる。

(入会決定等の処理)

第6条 市長は、前条に規定する申請書を受理したときは、速やかにその内容を審査し、当該申請書に係る決定等の処理を行い、放課後児童クラブ入会決定(却下)通知書(様式第2号)によりその保護者に通知するものとする。

(入会者の義務)

第7条 児童クラブに入会した者(以下「入会者」という。)は、この規則に従うとともに児童クラブの秩序を乱すような行為をしてはならない。

(入会の取消し)

第8条 市長は、入会者が前条の規定に違反したときは、入会の決定を取り消すことができる。

2 市長は、前項の規定により入会の決定を取り消したときは、放課後児童クラブ入会取消通知書(様式第3号)により入会者の保護者に通知するものとする。

(脱会届)

第9条 入会者の保護者は、児童クラブに入会の必要事由が消滅したときは、速やかに市長に放課後児童クラブ脱会届(様式第4号)を提出しなければならない。

(利用負担金の減免)

第10条 条例第10条の規定により利用負担金を減額し、又は免除すること(以下「減免」という。)ができる事由及び減免の割合等は、別表第2のとおりとする。

2 前項に規定する減免を受けようとする入会者の保護者は、放課後児童クラブ利用負担金減額(免除)申請書(様式第5号)により市長に申請しなければならない。

3 市長は、前項の申請を受理したときは、その内容を審査し、当該申請に係る決定等の処理を行い、放課後児童クラブ利用負担金減免決定(却下)通知書(様式第6号)によりその保護者に通知するものとする。

4 利用負担金の減免の決定を受けている入会者の保護者は、減免の事由が消滅したときは、速やかに市長に届け出なければならない。

(利用負担金の納付)

第11条 保護者は、毎月末日(12月については、同月25日)までに、その月分の利用負担金を納付しなければならない。

2 前項に規定する期限が、日曜日若しくは土曜日又は国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に当たるときは、その期限後において最初のこれらの日に当たらない日をもってその期限とみなす。

(補則)

第12条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成16年7月8日規則第35号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年3月29日規則第8号)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成18年3月27日規則第27号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月20日規則第9号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年3月15日規則第4号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月15日規則第5号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成26年9月25日規則第26号)

この規則は、平成26年10月1日から施行する。

附 則(平成29年3月24日規則第4号)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月8日規則第1号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月11日規則第3号)

この規則は、平成31年4月1日から施行する。ただし、第11条第2項の改正規定は、公布の日から施行する。

別表第1(第2条関係)

名称

定員(人)

八田児童クラブ

70

白根源児童クラブ

40

白根飯野児童クラブ

50

白根飯野第二児童クラブ

30

白根東第一児童クラブ

50

白根東第二児童クラブ

50

白根百田児童クラブ

50

白根百田第二児童クラブ

50

芦安児童クラブ

20

若草第一児童クラブ

50

若草第二児童クラブ

50

若草南児童クラブ

30

櫛形小笠原第一児童クラブ

50

櫛形小笠原第二児童クラブ

50

櫛形北児童クラブ

30

櫛形北第二児童クラブ

30

櫛形西児童クラブ

30

櫛形豊児童クラブ

30

櫛形豊第二児童クラブ

40

甲西落合児童クラブ

20

甲西大明児童クラブ

60

甲西南湖児童クラブ

40

別表第2(第10条関係)

減免事由

添付書類

減免割合等

1

利用児童の属する世帯が生活保護法(昭和25年法律第144号)による被保護世帯であるとき。

生活保護受給証の写し

免除

2

利用児童の属する世帯が前年度市町村民税の非課税世帯であって、かつ、次の各号に掲げるいずれかの世帯であるとき。

前年度市町村民税非課税証明書

免除

 

(1) 母子世帯等 母子及び父子並びに寡婦福祉法(昭和39年法律第129号)第6条第6項に規定する配偶者のない者で現に利用児童を扶養しているものの世帯

市長が必要と認める書類

(2) 在宅障害児(者)のいる世帯で、次に掲げる児(者)を有する世帯

 

 

ア 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条に定める身体障害者手帳の交付を受けた者で1級又は2級に該当する者

身体障害者手帳の写し

イ 療育手帳制度要綱(昭和48年厚生省発児第156号)に定める療育手帳の交付を受けた者でAに該当する者

療育手帳の写し

ウ 特別児童扶養手当等の支給に関する法律(昭和39年法律第134号)に定める特別児童扶養手当の支給対象児、国民年金法(昭和34年法律第141号)に定める国民年金の障害基礎年金等の受給者

特別児童扶養手当証書の写し又は年金証書(又は年金振込通知書)写し

3

利用児童の保護者が被災その他の理由により利用負担金を納付することが困難であると認められるとき。

市長が必要と認める書類

市長が必要と認める割合又は金額

画像

画像

画像

画像

画像

画像

南アルプス市放課後児童クラブ条例施行規則

平成16年3月30日 規則第8号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 児童・母子福祉
沿革情報
平成16年3月30日 規則第8号
平成16年7月8日 規則第35号
平成17年3月29日 規則第8号
平成18年3月27日 規則第27号
平成19年3月20日 規則第9号
平成22年3月15日 規則第4号
平成23年3月15日 規則第5号
平成26年9月25日 規則第26号
平成29年3月24日 規則第4号
平成30年3月8日 規則第1号
平成31年3月11日 規則第3号