○南アルプス市表彰審査委員会規則

平成16年7月8日

規則第34号

(趣旨)

第1条 この規則は、南アルプス市表彰条例(平成15年南アルプス市条例第5号。以下「条例」という。)第5条第2項の規定に基づき、南アルプス市表彰審査委員会(以下「委員会」という。)の組織及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(組織)

第2条 委員会の委員は、副市長、教育長、総務部長、総合政策部長をもってこれに充て、市長が任命する。ただし、必要に応じて学識経験のある者を委嘱することができる。

(委員長及び副委員長)

第3条 委員会に、委員長及び副委員長を置き、委員長は副市長を、副委員長は教育長をもって充てる。

2 委員長は、会務を総理し、委員会を代表する。

3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるときは、その職務を代理する。

(任期)

第4条 委員の任期は、当該審査が終了するまでの期間とする。

(審査事項の提出)

第5条 市長は、条例第3条又は第4条各号に該当すると認められるものがあるときは、南アルプス市表彰条例施行規則(平成16年南アルプス市規則第33号)第4条に規定する南アルプス市表彰候補者功績調書に、審査に必要な資料を添付して、委員長に提出するものとする。

(会議)

第6条 委員会の会議は、委員長が招集し、その議長となる。

2 委員会は、委員の過半数が出席しなければ、会議を開くことができない。

3 委員会の議事は、出席委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。

4 委員は、自己又は祖父母、父母、配偶者、兄弟姉妹、子、孫若しくはこれらの者の関係する団体が表彰候補者である場合は、委員会の議事に加わることができない。ただし、委員会の同意があったときは、この限りでない。

5 委員長は、必要があると認めるときは、委員以外の者を会議に出席させ、意見を求めることができる。

6 委員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、同様とする。

(会議の非公開)

第7条 委員会の会議は、公開しない。

(庶務)

第8条 委員会の庶務は、総務部において処理する。

(委任)

第9条 この規則に定めるもののほか、この規則の施行に関し必要な事項は、委員長が委員会に諮って定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年3月29日規則第20号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月20日規則第6号)

(施行期日)

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月24日規則第11号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月21日規則第4号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年3月29日規則第17号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

南アルプス市表彰審査委員会規則

平成16年7月8日 規則第34号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第1編 規/第4章
沿革情報
平成16年7月8日 規則第34号
平成17年3月29日 規則第20号
平成19年3月20日 規則第6号
平成21年3月24日 規則第11号
平成24年3月21日 規則第4号
平成25年3月29日 規則第17号