○南アルプス市低体重児の届出及び未熟児の訪問指導事務規則

平成17年3月29日

規則第19号

(趣旨)

第1条 この規則は、母子保健法(昭和40年法律第141号。以下「法」という。)第18条及び第19条第1項の規定に基づく事務に関し、必要な事項を定めるものとする。

(低体重児の届出)

第2条 法第18条の規定による届出は、低体重児出生連絡票(様式第1号)により市長に届け出るものとする。

(未熟児の訪問指導)

第3条 市長は、法第19条第1項の規定により医師、保健師、助産師又はその他の職員(以下「医師等」という。)をして未熟児の保護者を訪問指導させようとするときは、未熟児訪問指導票(様式第2号)を当該医師等に交付し、指導を行わせるものとする。

2 医師等は、前項の規定による訪問指導を行ったときは、その結果を未熟児訪問指導票に記載し、市長に提出するものとする。

附 則

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

画像

画像

南アルプス市低体重児の届出及び未熟児の訪問指導事務規則

平成17年3月29日 規則第19号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 児童・母子福祉
沿革情報
平成17年3月29日 規則第19号