○南アルプス市総合交流ターミナル条例

平成17年12月26日

条例第38号

南アルプス市総合交流ターミナル条例(平成15年南アルプス市条例第175号)の全部を改正する。

(設置)

第1条 地域資源や自然条件を生かした観光農業を核に、都市と農村の交流拠点とし、地域農業の活性化を図るため、南アルプス市総合交流ターミナル(以下「交流ターミナル」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 交流ターミナルの名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 南アルプス市総合交流ターミナル

(2) 位置 南アルプス市徳永410番地

(施設の種類)

第3条 交流ターミナルの施設の種類は、次に掲げるとおりとする。

(1) 交流ターミナル棟

(2) 芝生広場

(3) ゲートボール場

(4) 附属施設

(事業)

第4条 交流ターミナルは、次に掲げる事業を行う。

(1) 農産物の啓もう宣伝及び消費拡大に関すること。

(2) 農産物の販売及びあっせんに関すること。

(3) 地域情報の受信及び発信に関すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、交流ターミナルの目的を達成するために必要な事業

(指定管理者による管理)

第5条 交流ターミナルの管理は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により、法人その他の団体であって、市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせるものとする。

(指定管理者の業務)

第6条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 芝生広場及びゲートボール場の利用の許可に関すること。

(2) 交流ターミナルの施設及び設備の維持管理に関すること。

(3) 芝生広場の利用に係る料金(以下「利用料金」という。)に関すること。

(4) 第4条各号に掲げる事業に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、市長が別に定める業務

(休館日)

第7条 交流ターミナルの休館日は、次に掲げるとおりとする。

(1) 木曜日(この日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に当たるときは、その翌日)

(2) 12月29日から翌年の1月3日まで

2 前項の規定にかかわらず、指定管理者は、必要があると認めるときは、あらかじめ市長の承認を得て、交流ターミナルの休館日に開館し、又は休館日以外の日に休館することができる。

(開館時間)

第8条 交流ターミナルの開館時間は、次のとおりとする。

施設区分

開館時間

交流ターミナル棟

午前9時から午後10時まで

芝生広場

午前8時30分から午後5時まで

ゲートボール場

2 前項の規定にかかわらず、指定管理者は、必要があると認めるときは、あらかじめ市長の承認を得て、前項の開館時間を変更することができる。

(行為の禁止)

第9条 交流ターミナルにおいて、正当な理由がなく、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 施設又は設備を損傷し、又は汚損すること。

(2) 樹木を伐採し、又は損傷すること。

(3) はり紙又ははり札すること。

(4) ごみの投げ捨て又は放置すること。

(5) たき火その他施設又は設備に危険を及ぼすおそれのある行為

(行為の制限)

第10条 交流ターミナルにおいて、次に掲げる行為をしようとする者は、市長の許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも、同様とする。

(1) 行商、募金その他これらに類する行為をすること。

(2) 業として写真、映画又はテレビジョンの撮影をすること。

(3) 興行をすること。

(4) 展示会、集会、祭礼その他これらに類する催しをすること。

(5) 花火、キャンプファイヤー等を行うため火気を使用すること。

2 市長は、前項の許可に際し、交流ターミナルの管理上必要な条件を付することができる。

(利用の許可)

第11条 芝生広場又はゲートボール場を利用しようとする者は、あらかじめ指定管理者の許可を受けなければならない。

2 指定管理者は、芝生広場又はゲートボール場の管理上必要と認めるときは、前項の許可に条件を付することができる。

(利用の制限)

第12条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、交流ターミナルの利用を拒むことができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則若しくは指定管理者の指示に違反したとき。

(2) 偽りその他不正な手段により許可を受けたとき。

(3) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあると認められるとき。

(4) 交流ターミナルの施設又は設備を汚染し、又は破損するおそれがあると認められるとき。

(5) 前各号に掲げるもののほか、交流ターミナルの管理上支障があると認められたとき。

(利用料金の納付等)

第13条 第11条第1項の許可を受けた者(ゲートボール場を除く。以下「利用者」という。)は、利用料金を納付しなければならない。

2 利用料金は、別表に掲げる額の範囲内で、指定管理者があらかじめ市長の承認を得て定めるものとする。

(利用料金の減免)

第14条 指定管理者は、規則で定める基準により、前項の利用料金を減額し、又は免除することができる。

(利用料金の不還付)

第15条 既納の利用料金は、還付しない。ただし、指定管理者は、利用者の責めに帰することのできない理由により利用することができなくなったときは、その全部又は一部を還付することができる。

(利用料金の収受)

第16条 利用者が第13条第1項の規定により納付する利用料金は、指定管理者の収入として収受させるものとする。

(損害賠償の義務)

第17条 故意又は過失により施設又は設備を汚染し、若しくは破損した者は、それによって生じた損害を賠償しなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(個人情報の保護)

第18条 指定管理者は、南アルプス市個人情報保護条例(平成15年南アルプス市条例第251号)第6条の規定に基づき保有個人情報の適切な管理のために必要な措置を講じなければならない。

(委任)

第19条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の際現にこの条例による改正前の南アルプス市総合交流ターミナル条例の規定により受けたこの条例の施行の日以後の施設の利用の許可は、この条例による改正後の南アルプス市総合交流ターミナル条例の規定により受けた施設の利用の許可とみなす。

附 則(令和元年7月3日条例第12号)

(施行期日)

1 この条例は、令和元年10月1日から施行する。

(経過措置)

13 第12条の規定による改正後の南アルプス市総合交流ターミナル条例別表の規定は、この条例の施行の日以後の利用に係る利用料について適用し、同日前の利用に係る利用料については、なお従前の例による。

別表(第13条関係)

種別

利用区分

金額

備考

芝生広場テナント代(1区画)

1日

1,040円

閉店後30分以内に引渡しを行うこと。

南アルプス市総合交流ターミナル条例

平成17年12月26日 条例第38号

(令和元年10月1日施行)