○南アルプス市文化財保存事業補助金交付要綱

平成18年1月10日

教育委員会告示第2号

(趣旨)

第1条 この告示は、市内に所在する文化財の管理又は復旧(以下「保存」という。)に資すると認めた事務又は事業(以下「補助事業」という。)対して、予算の範囲内において補助金を交付するものとし、その交付に関しては、南アルプス市文化財保護条例(平成17年南アルプス市条例第114号。以下「条例」という。)南アルプス市文化財保護条例施行規則(平成17年南アルプス市教育委員会規則第32号。以下「条例施行規則」という。)及び南アルプス市補助金等交付規則(平成15年南アルプス市規則第43号。以下「交付規則」という。)に規定するもののほか、この告示の定めるところによる。

(定義)

第2条 この告示において「文化財」とは、次に掲げるものをいう。

(1) 文化財保護法(昭和25年法律第214号)の規定により指定又は登録を受けたもの

(2) 山梨県文化財保護条例(昭和31年山梨県条例第29号)の規定により指定を受けたもの

(3) 条例第4条第1項の規定により南アルプス市指定文化財(以下「指定文化財」という。)の指定を受けたもの

(交付の対象)

第3条 補助金は、文化財の所有者、保持者又は管理者が、文化財の保存のため実施する事業に要する経費に対して交付するものとし、その事業は次の各号に掲げるものとする。

(1) 国から文化財の保存のため国庫補助金を交付された事業

(2) 山梨県から文化財の保存のため県費補助金を交付された事業

(3) 指定文化財の保存のため条例第16条第1項に定める事情があると認められる事業

(4) 前3号に掲げるもののほか、文化財の保護のため市長が特に必要と認める事業

(補助対象経費及び交付基準)

第4条 補助金の交付の対象となる経費(以下「補助対象経費」という。)は、次に掲げるとおりとする。

(1) 文化財の保存、修理又は復旧に要する経費

(2) 文化財の防災施設設備の設置又は保守点検に要する経費

(3) 文化財の公開又は管理に要する経費

(4) 文化財の保護のため市長が必要と認める経費

2 補助金の交付の基準は、次に掲げるとおりとする。ただし、この額に1,000円未満の端数が生じたときには、これを切り捨てるものとする。

(1) 前条第1号及び第2号に該当する事業にあっては、国庫補助又は県費補助の算定基礎となった経費から国庫補助金又は県費補助金を差し引いた額の2分の1以内の額

(2) 前条第3号及び第4号の事業に該当する事業にあっては、補助対象経費の2分の1以内の額

(交付の申請)

第5条 補助金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、交付規則第3条に規定する申請書に条例施行規則第15条第2項各号に掲げる事項を記載した書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(交付の確定)

第6条 市長は、交付規則第8条に規定する実績報告の審査等により補助金の交付の額を確定したときは、補助金を交付するものとする。

(その他)

第7条 この告示に定めるもののほか、文化財保存事業費補助金の交付に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この告示は、平成18年4月1日から施行する。

南アルプス市文化財保存事業補助金交付要綱

平成18年1月10日 教育委員会告示第2号

(平成18年4月1日施行)

体系情報
南アルプス市規程・要綱集/第7編 育/第6章 文化財
沿革情報
平成18年1月10日 教育委員会告示第2号