○南アルプスクラインガルテン条例

平成20年9月29日

条例第19号

(設置)

第1条 地域資源を活用し、土に親しむ場の提供及び都市住民との交流を通して地域の活性化を図るため、南アルプスクラインガルテン(以下「クラインガルテン」という。)を設置する。

(名称、エリア及び位置)

第2条 クラインガルテンの名称、エリア及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 南アルプスクラインガルテン

(2) エリア 中野エリア、湯沢エリア

(3) 位置 南アルプス市中野2034番地、南アルプス市湯沢2580番地

(施設の種類)

第3条 クラインガルテンは、次に掲げる施設をもって構成する。

(1) 簡易宿泊施設付き農園

(2) 日帰り農園

(3) 管理棟

(4) 休憩棟

(5) 駐車場

(6) その他付随する施設

(指定管理者による管理)

第4条 クラインガルテンの管理は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により、法人その他の団体であって、市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせるものとする。

(指定管理者の業務)

第5条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) クラインガルテンにおける利用者の公募及び支援等に関する業務

(2) クラインガルテンにおける行事や催し等に関する業務

(3) クラインガルテンの施設及び設備の維持管理に関する業務

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が別に定める業務

(利用の許可)

第6条 簡易宿泊施設付き農園を利用しようとする者は、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

2 日帰り農園を利用しようとする者は、あらかじめ指定管理者の許可を受けなければならない。

3 簡易宿泊施設付き農園及び日帰り農園の利用許可を受けた者(以下「農園利用者」という。)及びその家族は、管理棟、休憩棟、駐車場及びその他付随する施設を利用できる。

4 前3項の規定にかかわらず、指定管理者が認めるときは、クラインガルテンを利用できるものとする。ただし、簡易宿泊施設付き農園の利用は除く。

(管理棟の休館)

第7条 指定管理者が特に必要があると認めるときは、管理棟を休館することができる。

(管理棟の利用時間)

第8条 管理棟の利用時間は、午前5時から午後10時までとする。ただし、指定管理者が特に必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(利用の制限)

第9条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当するときは、クラインガルテンの利用を制限し、若しくは停止させ、又は利用許可を取り消すことができる。

(1) 公の秩序又は善良の風俗を乱すおそれがあると認められるとき。

(2) 施設を汚損し、又は破壊するおそれがあると認められるとき。

(3) 管理上支障があるとき。

(4) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員が利用するおそれがあると認められるとき。

(5) 前各号に掲げるもののほか、指定管理者が利用させることが適当でないと認めるとき。

(利用者の義務)

第10条 クラインガルテンを利用する者(以下「利用者」という。)は、この条例及びこの条例に基づく規則を遵守し、細心の注意をもってこれを利用しなければならない。

(使用料)

第11条 農園利用者は、別表に定める使用料を納めなければならない。

(使用料の不還付)

第12条 既に納付した入会金使用料、延長期間入会金使用料及び年間使用料は、還付しない。ただし、簡易宿泊施設付き農園利用者について市長が特に必要があると認めたときは、全部又は一部を還付することができる。

(利用権の譲渡等の禁止)

第13条 利用者は、クラインガルテンの設置の目的以外に利用し、又は利用の権利を譲渡し、若しくは転貸してはならない。

(損害賠償)

第14条 故意又は過失によりクラインガルテンの施設又は備品等を滅失し、又はき損した者は、それによって生じた損害を賠償しなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(委任)

第15条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年9月29日条例第25号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年10月8日条例第37号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年3月18日条例第14号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

別表(第11条関係)

施設の名称

利用区分

使用料

利用期間

備考

簡易宿泊施設付き農園

1区画

入会金使用料 411,420円

5年間有効


延長期間入会金使用料 164,570円

有効期限満了年度において、市長が2年を限度として延長期間の利用を認め、延長期間入会金使用料を納めたときは、当該延長期間を有効とする。


年間使用料 411,420円

毎年4月1日から翌年3月31日までの単年度とする。ただし、継続して利用する場合は、最長でも連続して5年間までとする。

光熱水費は、実費負担とする。

日帰り農園

1区画

年間使用料 410円/平方メートル

毎年4月1日から翌年3月31日までとする。ただし、継続しての利用も可能とする。

日帰り区画で使用する水道料は、年間使用料に含まれる。

南アルプスクラインガルテン条例

平成20年9月29日 条例第19号

(平成26年4月1日施行)