○南アルプス市後期高齢者医療保険料納付方法の変更に関する事務取扱要綱

平成21年3月26日

告示第43号

(趣旨)

第1条 この告示は、高齢者の医療の確保に関する法律施行令(平成19年政令第318号)第23条第3項の規定に基づき、後期高齢者医療被保険者(以下「被保険者」という。)の利便の向上及び後期高齢者医療保険料(以下「保険料」という。)の徴収の円滑化を図るため、保険料の納付方法の変更に関し必要な事項を定めるものとする。

(口座振替への変更)

第2条 市長は、被保険者が保険料の納付方法を口座振替へ変更を希望する場合に、次の各号のいずれにも該当するときは、変更を認めるものとする。ただし、市長が特に必要と認めるときは、この限りでない。

(1) 保険料の納付が口座振替により見込めると認められるとき。

(2) 被保険者に保険料の滞納がないとき。

(3) 口座振替を行う口座の名義人に市税等の滞納がないとき。

2 前項の納付方法の変更を受けようとする被保険者は、後期高齢者医療保険納付方法変更申請書(特別徴収から口座振替へ切り替え)(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

(特別徴収への変更及び口座振替の停止)

第3条 前条の規定により口座振替による保険料の納付が認められた被保険者が、口座振替を停止し、特別徴収により保険料を納付しようとするときは、当該被保険者は後期高齢者医療保険料変更申出書(口座振替から特別徴収への切り替え)(様式第2号)を市長に提出するものとする。

2 市長は、前項の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当したときは、保険料の納付方法について口座振替を停止し、特別徴収へ納付方法を変更するものとする。

(1) 口座振替による納付において滞納が生じたとき。

(2) 前号に掲げるもののほか、市長が特に必要であると認めるとき。

(納付方法の変更に関する通知)

第4条 市長は、前2条の規定による申請書の提出があったときは、その内容を審査し、その結果を当該被保険者に通知するものとする。

2 市長は、前条第2項の規定による納付方法の変更を行ったときは、当該被保険者に通知するものとする。

(その他)

第5条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成21年4月1日から施行する。

画像画像

画像画像

南アルプス市後期高齢者医療保険料納付方法の変更に関する事務取扱要綱

平成21年3月26日 告示第43号

(平成21年4月1日施行)

体系情報
南アルプス市規程・要綱集/第8編 生/第1章 社会福祉/第4節 老人福祉
沿革情報
平成21年3月26日 告示第43号