○南アルプス市スポーツ大会開催補助金交付要綱

平成22年2月23日

教育委員会告示第7号

(趣旨)

第1条 この告示は、南アルプス市におけるスポーツの普及振興及び競技力向上を図るため、スポーツ大会を本市で開催し、主催する団体の運営に要する経費に対して、予算の範囲内において補助金を交付するものとし、その交付に関しては南アルプス市補助金交付規則(平成15年南アルプス市規則第43号。以下「規則」という。)に規定するもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助対象者)

第2条 補助金の対象者は、全国を統括する競技団体に加盟している団体(以下「競技団体」という。)とする。

(補助金の対象大会)

第3条 補助金の対象となる大会は、競技団体が本市で開催する関東大会以上の規模のものとする。ただし、市から他の補助金等の交付を受けて開催される大会は除くものとする。

(補助金の額)

第4条 補助金の額は、関係書類の内容を審査したうえで、予算の範囲内において教育委員会が別に定める。

(補助金の交付申請)

第5条 競技団体が補助金の交付を受けようとするときは、規則第3条に規定する申請書及び関係書類を補助事業開始日の30日前までに教育委員会に提出しなければならない。

(1) 大会実施要項

(2) その他参考となる資料

(補助金の交付決定)

第6条 教育委員会は、前条の規定する補助金の交付申請があったときは、その内容を審査し、適当であると認めたときは、速やかに補助金の交付額を決定し、規則第5条に規定する補助金交付決定通知書により競技団体に通知するものとする。

(事業の変更)

第7条 競技団体は、補助金の交付決定後、第4条に規定する申請事項に変更が生じたときは、規則第6条に規定する補助事業変更等申請書を教育委員会に提出し、その承認を得なければならない。ただし、軽微な変更の場合はこの限りではない。

(決算及び実績報告)

第8条 競技団体は、規則第7条に規定する補助金等実績報告書を事業終了後30日以内に教育委員会に提出しなければならない。

(補助金の交付決定の取消し及び返還)

第9条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、その補助金の交付決定を取り消し、又はすでに交付した補助金の全部若しくは一部の返還を命ずることができる。

(1) この要綱に違反したとき。

(2) 補助金を交付の目的に反して又は不当に使用したと認められるとき。

(3) 補助金の全部又は一部を使用しなかったとき。

(4) その他教育委員会が交付決定の取消し又は補助金の返還の必要があるとみとめたとき。

(補助金の経理)

第10条 競技団体は、補助事業に係る収支を記載した帳簿を整え、その証拠となる書類を整備し、かつ、これらの書類を当該補助事業完了の日の属する年度の翌会計年度から5年間保存しなければならない。

(その他)

第11条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は教育委員会が別に定める。

附 則

この告示は、平成22年4月1日から施行する。

南アルプス市スポーツ大会開催補助金交付要綱

平成22年2月23日 教育委員会告示第7号

(平成22年4月1日施行)