○南アルプス市職員表彰規程

平成23年12月1日

訓令第15号

(目的)

第1条 この訓令は、本市の職員、再任用職員、嘱託職員並びに臨時職員(以下「職員」と総称する。)及び南アルプス市行政組織規則(平成15年南アルプス市規則第4号)第2条に規定する内部組織にあって、顕著な功績があり、他の職員の模範として推奨に値する業績又は行為があった職員及び内部組織(以下「職員等」という。)を表彰し、もって職員の勤労意欲を高揚し、業務能率の向上を図ることを目的とする。

(表彰の基準)

第2条 市長又は部局長は、次の各号のいずれかに該当すると認める職員等を表彰する。

(1) 市の事務事業に関し顕著な功績のあったとき。

(2) 職務に関して他の模範とすべき行為があったとき。

(3) 天災その他の事変に際し模範となるべき適切な処置をしたとき。

(4) 職務の内外を問わず善行があったとき。

(5) その他市長が表彰することが適当と認める業績又は行為があったとき。

(表彰の種類)

第3条 表彰の種類は、市長表彰及び部局長表彰とする。

2 市長表彰は、前条各号のいずれかに該当する場合に、職員全体の模範と認められる職員等に対して市長が授与する。

3 部局長表彰は、前条各号のいずれかに該当する場合に、前項の市長の表彰にいたらないが、職員の模範として推奨するに値すると認められる職員等に対して部局長が市長の承認を得て授与する。

(表彰の方法)

第4条 表彰は、表彰状を授与して行い、併せて記念品を授与することができる。

(死亡した職員の表彰)

第5条 表彰を受ける職員が表彰の日以前に死亡している場合は、表彰状及び記念品は、その遺族に贈る。

(表彰の時期)

第6条 表彰は、毎年定期に行う。ただし、市長が必要と認めたときは、随時行うことができる。

(表彰の手続)

第7条 表彰は、部局長の推薦に基づき、次条に規定する表彰審査委員会の審査を経るものとする。

(表彰審査委員会)

第8条 前条の審査を適正に行うため、南アルプス市職員表彰審査委員会(以下「審査委員会」という。)を置く。

(組織)

第9条 審査委員会は、委員長及び委員若干名をもって組織する。

2 委員長は、副市長をもって充てる。

3 委員は、部長の職にある者のうちから市長が選任する。

(職務)

第10条 委員長は、会務を総理し、審査委員会の会議の議長となる。

2 委員長に事故があるとき又は委員長が欠けたときは、あらかじめ委員長が指名する委員が、その職務を代理する。

(会議)

第11条 審査委員会の会議(以下「会議」という。)は、委員長が招集する。

2 会議は、委員の過半数の出席がなければ開くことができない。

3 審査委員会は、必要があると認めるときは、委員以外の職員の出席を求め、その意見又は説明を聴くことができる。

(関係委員の会議の参加の禁止)

第12条 委員長及び委員は、自己の表彰に関する事項の審査については、その議事に加わることができない。ただし、審査委員会の同意を得たときは、この限りでない。

(報告)

第13条 委員長は、審査委員会において議決した事項について、市長に報告するものとする。

(表彰の取消し)

第14条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合は,審査委員会に諮ってその表彰を取り消すことができる。

(1) 表彰を受けた者が懲役又は禁以上の刑に処せられた場合

(2) 表彰を受けた者がはなはだしく不都合な行為をした場合

(3) その他表彰を取り消すことが必要と認められる場合

(庶務)

第15条 審査委員会の庶務は、総務部人事課において処理する。

(その他)

第16条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この訓令は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成25年3月29日訓令第9号)

この訓令は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月31日訓令第5号)

この訓令は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月22日訓令第6号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

南アルプス市職員表彰規程

平成23年12月1日 訓令第15号

(平成28年4月1日施行)