○南アルプス市高齢者の肺炎球菌感染症予防接種実施要綱

平成26年9月25日

告示第147号

(趣旨)

第1条 この告示は、予防接種法(昭和23年法律第68号)第5条第1項の規定に基づき市長が行う高齢者の肺炎球菌感染症予防接種(以下「予防接種」という。)の実施に関し、同法、予防接種法施行令(昭和23年政令第197号)、予防接種法施行規則(昭和23年厚生省令第36号)、予防接種実施規則(昭和33年厚生省令第27号)、厚生労働省健康局長通知による定期接種実施要領その他の関係する通知等に定めるもののほか必要な事項を定めるものとする。

(実施方法及び実施場所)

第2条 予防接種は、本市と委託契約を締結した医療機関(以下「医療機関」という。)において、市長の要請に応じて予防接種に協力する旨を承諾した医師(以下「協力医師」という。)が行う個別接種を原則とする。

2 前項の規定にかかわらず、予防接種を希望する者が寝たきり等の理由から医療機関において予防接種を受けることが困難な場合は、本市と委託契約を締結した介護老人福祉施設、介護老人保健施設若しくは介護療養型医療施設(以下「その他接種機関」という。)又は自宅において、協力医師の接種により予防接種を実施することができるものとする。この場合において、接種の際の事故防止対策、副反応対策等の十分な準備を特にしなければならない。

(対象者の範囲)

第3条 予防接種の対象者は、市内に住所を有する者で、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 予防接種当日において満65歳の者

(2) 予防接種当日において満60歳以上満65歳未満の者であって、心臓、腎臓若しくは呼吸器の機能の障害又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有するものとして厚生労働省令で定めるもの

(接種費用)

第4条 市長は、予防接種に要する費用(以下「接種費用」という。)のうち、1件当たり5,000円を負担するものとする。

2 前項の規定にかかわらず、市長は、生活保護法(昭和25年法律第144号)の規定による被保護者及び中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律(平成6年法律第30号)の規定による支援給付を受けている者の接種費用については、接種費用の全額を負担するものとする。

3 予防接種を受けた者は、医療機関又はその他接種機関が定める接種費用から4,000円を差し引いた額を自己負担金として当該接種機関の窓口において支払うものとする。ただし、前項に規定する者は、この限りでない。

(接種方法及び使用ワクチン)

第5条 接種方法及び使用ワクチンは、次のとおりとする。

接種方法

接種量

使用ワクチン

1回筋肉内又は皮下に接種

0.5ミリリットル

23価肺炎球菌きょう膜ポリサッカライドワクチン

(周知方法)

第6条 市長は、第3条第1号に規定する対象者には予防接種についての必要事項を個別に通知し、同条第2号に規定する対象者には本市の広報紙に必要事項を掲載し周知するものとする。

(予防接種手続)

第7条 予防接種を希望する者は、市長が別に定める高齢者肺炎球菌感染症予防接種受診票並びに予診票及び身分を証する書類を医療機関又はその他接種機関に持参し、予防接種を受けなければならない。

(委託料)

第8条 予防接種の委託料の額は、第4条に規定する額に接種者の人数を乗じて得た金額とする。

(その他)

第9条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成26年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日から平成27年3月31日までの間における第3条第1号の規定の適用については、同号中「予防接種当日において満65歳の者」とあるのは、「平成26年3月31日において満100歳以上の者及び同年4月1日から平成27年3月31日までの間に満65歳、満70歳、満75歳、満80歳、満85歳、満90歳、満95歳又は満100歳となる者」とする。

3 平成27年4月1日から平成31年3月31日までの間における第3条第1号の規定の適用については、同号中「予防接種当日において満65歳の者」とあるのは、「満65歳、満70歳、満75歳、満80歳、満85歳、満90歳、満95歳又は満100歳となった日の属する年度の初日から当該年度の末日までの間にある者」とする。

4 平成31年4月1日から平成32年3月31日までの間における第3条第1号の規定の適用については、同号中「予防接種当日において満65歳の者」とあるのは、「平成31年3月31日において満100歳以上の者及び同年4月1日から平成32年3月31日までの間に満65歳、満70歳、満75歳、満80歳、満85歳、満90歳、満95歳又は満100歳となる者」とする。

5 平成32年4月1日から平成36年3月31日までの間における第3条第1号の規定の適用については、同号中「予防接種当日において満65歳の者」とあるのは、「満65歳、満70歳、満75歳、満80歳、満85歳、満90歳、満95歳又は満100歳となった日の属する年度の初日から当該年度の末日までの間にある者」とする。

附 則(平成28年3月22日告示第23号)

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月22日告示第52号)

この告示は、平成31年4月1日から施行する。

南アルプス市高齢者の肺炎球菌感染症予防接種実施要綱

平成26年9月25日 告示第147号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
南アルプス市規程・要綱集/第8編 生/第3章 生/第1節 保健衛生
沿革情報
平成26年9月25日 告示第147号
平成28年3月22日 告示第23号
平成31年3月22日 告示第52号