○南アルプス市保育の提供に関する規則

平成27年3月19日

規則第17号

(趣旨)

第1条 この規則は、子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号。以下「法」という。)第20条の規定により支給認定を受けた法第19条第1項第2号及び第3号の子どもが、保育所又は認定こども園を利用するための申込手続その他保育の提供に関し必要な事項を定めるものとする。

(入所の申込み)

第2条 法第19条第1項第2号及び第3号の子どもの保育の提供を希望する保護者は、保育施設入所申込書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(1) 家庭状況調査書(様式第2号)

(2) その他市長が必要と認める書類

2 前項の保護者のうち母子及び父子並びに寡婦福祉法施行令(昭和39年政令第224号)第1条第2号に規定する母又は同政令第2条第2号に規定する父である場合で、地方税法(昭和25年法律第226号)第292条第1項第11号に規定する寡婦又は同項第12号に規定する寡夫であるとみなす特例の適用(以下「寡婦(夫)控除のみなし特例の適用」という。)を受けようとする者は、南アルプス市保育施設の利用者負担額に係る寡婦(夫)控除等のみなし特例適用申請書(様式第2号の2。以下「適用申請書」という。)にその者の戸籍全部事項証明書及びその他市長が必要と認める書類を添付して、市長に提出しなければならない。

(入所の決定等)

第3条 市長は、前条第1項の規定による申込みがあったときは、その内容を審査の上、入所の諾否を決定し、入所を承諾するときは保育所(認定こども園)入所承諾書(様式第3号)により、入所を承諾しないときは保育施設入所不承諾通知書(様式第4号)により保護者に通知するものとする。

2 市長は、前項に規定する入所を承諾し、及び適用申請書を提出した者にあっては、当該適用申請書の内容を審査の上、特例の適用を決定したときは、南アルプス市保育施設の利用者負担額に係る寡婦(夫)控除のみなし特例決定通知書(様式第3号の2)を、却下したときは、南アルプス市保育施設の利用者負担額に係る寡婦(夫)控除のみなし特例適用却下通知書(様式第3号の3)により保護者に通知するものとする。

3 市長は、保育所に入所させることを決定したときは、児童の保育の提供内容を保育児童台帳(様式第5号)により記録しておくものとする。

(施設の利用調整)

第4条 市長は、第2条第1項の規定による申込みに係る児童の全てが保育施設に入所する場合には当該保育施設での適切な保育の提供が困難となることその他やむを得ない事由があるときは、保育施設に入所する児童の利用調整を行うことができる。

2 前項の規定による利用調整に当たっては、次に掲げる事項に留意するものとする。

(1) 家庭の状況を十分調査すること。

(2) 保育の提供基準(別表)により保育を要する程度の高い者から順次調整を行うこと。

3 第1項の規定により利用調整を行った際には、利用調整結果通知書(様式第6号)により児童の保護者に通知するものとする。

4 前3項に定めるもののほか、入所の選考に関し必要な事項は、市長が別に定めるものとする。

(保育の提供期間)

第5条 保育の提供期間は、当該児童の小学校就学始期に達するまでの範囲内で、当該児童の保護者が希望する期間の範囲内かつ子どものための教育・保育給付の支給認定を受ける期間とする。ただし、保育の提供を希望する保育所に年齢の制限があるときは、当該保育所における保育の提供期間は、当該年齢までの間とする。

(保育の提供の解除)

第6条 市長は、保育所に入所している児童が次の各号のいずれかに該当するときは、保育の提供を解除するものとする。

(1) 保育認定を受けなくなるとき。

(2) 転出したとき。

2 市長は、前項の規定により保育の提供を解除するときは、あらかじめ、保護者に対し、当該解除の理由を説明するとともに、その意見を聴かなければならない。ただし、保護者から保育の提供の解除の申出があったときは、この限りでない。

3 市長は、保育の提供を解除するときは、保育提供解除決定通知書(様式第7号)により、当該児童の保護者に通知するものとする。

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成27年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに廃止前の南アルプス市保育の実施に関する条例施行規則(平成15年南アルプス市規則第58号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成28年3月22日規則第26号)

(施行期日)

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 行政庁の処分その他の行為又は不作為についての不服申立てに関する手続であってこの規則の施行前にされた行政庁の処分その他の行為又はこの規則の施行前にされた申請に係る行政庁の不作為に係るものについては、なお従前の例による。

3 この規則の施行の際、第2条の規定による改正前の南アルプス市情報公開条例施行規則、第3条の規定による改正前の南アルプス市個人情報保護条例施行規則、第5条の規定による改正前の南アルプス市財務規則、第6条の規定による改正前の南アルプス市支援給付及び配偶者支援金事務取扱細則、第7条の規定による改正前の南アルプス市障害児福祉手当及び特別障害者手当等の支給に関する事務取扱規則、第8条の規定による改正前の南アルプス市障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律施行細則、第9条の規定による改正前の南アルプス市知的障害者福祉法施行細則、第10条の規定による改正前の南アルプス市児童福祉法施行細則、第11条の規定による改正前の南アルプス市子ども・子育て支援法施行細則、第12条の規定による改正前の南アルプス市保育の提供に関する規則、第13条の規定による改正前の南アルプス市児童手当事務取扱規則、第14条の規定による改正前の南アルプス市子ども手当事務取扱規則、第15条の規定による改正前の南アルプス市ひとり親家庭医療費助成に関する条例施行規則、第16条の規定による改正前の南アルプス市老人福祉法施行細則、第17条の規定による改正前の老人福祉法に基づく費用の徴収に関する規則、第18条の規定による改正前の南アルプス市ごみのないきれいなまちにする条例施行規則、第19条の規定による改正前の南アルプス市火災予防条例施行規則、第20条の規定による改正前の南アルプス市危険物の規制に関する規則及び第21条の規定による改正前の南アルプス市空家等対策に関する規則に規定する様式による用紙で、現に残存するものは、当分の間、所要の修正を加え、なお使用することができる。

附 則(平成31年3月22日規則第14号)

この規則は、公布の日から施行する。

別表(第4条関係)

保育の提供基準

番号

保育認定の要件

内容

指数

1

就労

被雇用者

常勤

フルタイムで勤務する者

10

パート・内職等

月120時間以上

パートタイム・派遣労働・日雇い等の雇用形態で、フルタイム労働者と比較して労働時間が短い者、又は、不定期労働ではあるが現に月48時間以上の就労をしている者

9

月96時間以上

8

月72時間以上

7

月48時間以上

6

自営業

事業主本人

自営業を経営している事業主

10

事業専従者

月120時間以上

事業主に協力し、月48時間以上事業に従事している者

8

月96時間以上

7

月72時間以上

6

月48時間以上

5

農業

事業主本人

農業を経営している事業主

10

事業専従者

月120時間以上

面積1ha以上

事業主に協力し、月48時間以上農作業に従事している者

(時間と面積で点数が異なるときは、低い方でカウントする)

7

月96時間以上

面積50a以上

6

月72時間以上

面積30a以上

5

月48時間以上

面積10a以上

4

2

妊娠・出産

母が妊娠しており2ヵ月以内に出産を控えている、又は出産後3ヵ月を経過していない場合

10

3

保護者の疾病・障害等

障害

1・2級

身体障害者手帳等各種手帳を所持する者、又はそれと同等であると認められる者

10

3・4級

7

疾病・けが

入院

疾病・けが等により、入院している者

10

自宅療養

寝たきり

疾病・けが等により、寝たきりの状態になっている者

10

感染症等

感染症等にかかり、医師が長期加療(安静)を要すると診断された者

9

うつ等精神疾患

うつ病等精神的な疾患にかかり、長期療養を必要とする者

8

安静

その他、医師により長期加療(安静)を要すると診断された者

6

通院

週5日以上

疾病・けが等は比較的軽症ではあるが、定期的な通院等が必要である者

8

週3日以上

6

4

親族の介護・看護

入院つきそい

月96時間以上

長期間入院している親族の入院・入所のつきそいにあたっている者

7

月48時間以上

5

自宅介護・看護等

寝たきり老人の介護

同居する祖父母等寝たきりの状態にある老人の介護にあたっている者

10

身体障害者看護

同居する親族で心身に障害のある者の看護や、通園・通勤等のつきそいにあたっている者

10

自宅看護

同居する親族で長期間療養にあたっている者の看護・介護にあたっている者

6

5

災害復旧

震災・風水害・火災その他の災害の復旧にあたっている者

10

6

求職活動

フルタイム等

フルタイム勤務での就労をめざし、求職活動を行っている者

6

パートタイム等

パートタイム勤務での就労のため、求職活動を行っている者

4

7

就学

大学・専門学校等

大学・専門学校等に通学している者

7

職業訓練

職業訓練校等において、職業訓練を受けている者

5

8

その他

その他、上記と同等の状況にあると市長が認める者

画像画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

南アルプス市保育の提供に関する規則

平成27年3月19日 規則第17号

(平成31年3月22日施行)