○南アルプス市ごみ集積所設置及び改修費補助金交付要綱

平成29年3月24日

告示第43号

(趣旨)

第1条 この告示は、地域において家庭から排出される可燃ごみ及び不燃ごみ集積所(以下「ごみ集積所」という。)の衛生的及び機能的改善を図るため、地域の自治会等が管理する、ごみ集積所の設置又は改修に要する経費に対し、予算の範囲内で補助金を交付するものとし、その交付に関しては、南アルプス市補助金等交付規則(平成15年南アルプス市規則第43号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、この告示の定めるところによる。

(補助金の対象者)

第2条 補助金の交付の対象は、別表の事業を行う、ごみ集積所を管理する自治会の代表者又は管理責任者(個人又は法人が管理する賃貸住宅の管理者を除く。)とする。

(補助対象事業等)

第3条 補助金の交付の対象となる事業の種類、ごみ集積所の要件、対象経費及び補助金額は、別表に定めるとおりとする。

2 一のごみ集積所において、設置及び改修事業を同時に行う場合は、同一事業とみなす。

(補助金の交付申請)

第4条 補助金の交付を受けようとする自治会の代表者又は管理責任者(以下「申請者」という。)は、南アルプス市ごみ集積所設置及び改修費補助金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(1) 工事等の見積書

(2) 設計図又はカタログ

(3) 設置又は改修(増築)する土地の権限者の承諾書

(4) 設置場所又は改修するごみ集積所の写真

(5) 設置又は改修するごみ集積所の位置図

2 補助金の交付申請は、ごみ集積所1箇所につき、同一年度内において1回とする。

(補助金の交付決定)

第5条 市長は、前条の規定により、補助金の交付申請があったときは、その内容を審査し、適当であると認めたときは、速やかに補助金の交付額を決定し、南アルプス市ごみ集積所設置及び改修費補助金交付決定通知書(様式第2号)により、申請者に通知するものとする。

2 市長は、前項の通知に際して、必要な条件を付すことができる。

(申請事項の変更)

第6条 補助金の交付の決定を受けた申請者(以下「交付決定者」という。)は、補助金の交付決定後に第4条に規定する申請事項に変更が生じたときは、その内容が軽微な場合を除き、規則第6条第1項に規定する補助事業変更等申請書を市長に提出し、その承認を得なければならない。

2 市長は、前項の申請書の提出があったときは、その内容を審査し、適当であると認めたときは、規則第6条第3項に規定する補助金等交付変更決定通知書により、交付決定者に通知するものとする。

(中止又は廃止)

第7条 交付決定者は、補助対象事業を中止し、又は廃止しようとするときは、南アルプス市ごみ集積所設置及び改修費補助金に係る事業中止(廃止)承認申請書(様式第3号)を市長に提出し、その承認を得なければならない。

(実績報告書)

第8条 交付決定者は、補助対象事業が完了後、速やかに南アルプス市ごみ集積所設置及び改修費補助金実績報告書(様式第4号)に関係書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(補助金の交付決定の取消し及び返還)

第9条 市長は、交付決定者が次の各号のいずれかに該当するときは、その補助金の交付決定額の全部又は一部を取り消し、又は既に交付した補助金の全部若しくは一部の返還を命ずるものとする。

(1) この告示に違反したとき。

(2) 補助金の目的に反して又は不当に使用したと認められたとき。

(3) 補助金の全部又は一部を使用しなかったとき。

(4) その他市長が交付決定の取消し又は補助金返還の必要があると認めたとき。

(補助金の請求申請)

第10条 補助金の請求は、南アルプス市ごみ集積所設置及び改修費補助金交付請求書(様式第5号)によるものとする。

(その他)

第11条 この告示に定めるもののほか、補助金の交付に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成29年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

事業の種類

ごみ集積所の要件

対象経費

補助金額

ごみ集積所設置事業

新たに設置するごみ集積所であって、次の各号のいずれにも該当すること。

(1) 耐久性のある素材を使用し、周囲の景観に配慮すること。

(2) 建築物(屋根を設置し周囲を囲うものをいう。以下同じ。)又は囲い(屋根はないが周囲を3方以上囲うものをいう。以下同じ。)であること。

(3) 集積所を設置する土地の権限者から承諾が得られていること。

ごみ集積所の設置に要する経費(消費税及び地方消費税は除く。)とする。ただし、用地の取得及び現に建築されている建物の解体等に要する経費は除く。

事業費の2分の1以内の額(その額に1,000円未満の端数があるときはこれを切り捨てた額)とし、上限を10万円とする。

ごみ集積所改修事業

現在、設置されているごみ集積所であって、改修後に次の各号のいずれにも該当すること。

(1) 耐久性のある素材を使用し、周囲の景観に配慮すること。

(2) 建築物又は囲いであること。

(3) 集積所を増築する土地の権限者から承諾が得られていること。

ごみ集積所の改修に要する経費(消費税及び地方消費税は除く。)とする。ただし、増築による用地取得費及び現に建築されている建物の解体等又は単に消耗品の購入に要する経費は除く。

事業費の2分の1以内の額(その額に1,000円未満の端数があるときはこれを切り捨てた額)とし、上限を10万円とする。

画像

画像

画像

画像

画像

南アルプス市ごみ集積所設置及び改修費補助金交付要綱

平成29年3月24日 告示第43号

(平成29年4月1日施行)