○南アルプス市下水道公共汚水ます設置負担基準

平成31年3月11日

企業管理規程第11号

下水道受益者の所有地内に、公共汚水ますを設置する基準は、次によるものとする。

1 下水道本管布設工事と同時に、1世帯1ますを原則として市(公費)で設置し、維持管理は市が行うものとする。

2 下水道本管布設工事と同時に、受益者が1世帯2ます以上の設置を要望したときの設置費は、受益者負担とし、市が設置し、維持管理も市が行うものとする。

3 受益地の状況により、1世帯ごとにますが設置できないときは、1つのますを共同で使用する。

4 公道に接する私道の境界付近に、市(公費)で設置した公共汚水ますの維持管理は、市が行うものとする。

5 本管布設と同時に公共汚水ます(ア)を設置したが、その後分筆して他に譲渡し、新たに公共汚水ます(イ)が必要となった。この場合は(3)を原則とする。

6 農地について、宅地化された場合の公共汚水ます設置費は、市(公費)負担とし、維持管理は市が行うものとする。

7 台帳地目が宅地で、本管布設の時点では土地所有者の都合により、公共汚水ますを設置しなかったが、その後建物を建設する必要から公共汚水ます設置について申出があった。この場合の設置費は、市負担として市が設置し、維持管理は市が行うものとする。

附 則

この規程は、平成31年4月1日から施行する。

画像

南アルプス市下水道公共汚水ます設置負担基準

平成31年3月11日 企業管理規程第11号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
南アルプス市規程・要綱集/第10編 設/第4章 下水道
沿革情報
平成31年3月11日 企業管理規程第11号