○南アルプス市立保育所給食費(主食費・副食費)の徴収に関する規則

令和元年9月27日

規則第25号

(趣旨)

第1条 この規則は、南アルプス市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の利用者負担額等に関する条例(平成27年南アルプス市条例第6号。以下「条例」という。)第8条に基づき、南アルプス市立保育所(指定管理施設を除く。以下「保育所」という。)において教育・保育給付認定子どもへ提供する主食及び副食に要する経費(以下「主食費及び副食費」という。)の徴収に関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則で使用する用語は、条例で使用する用語の例による。

(主食費及び副食費の額)

第3条 条例第7条の規定による主食費及び副食費の額は、別表に定めるとおりとする。

(納付方法)

第4条 教育・保育給付認定保護者は、平日保育を利用した場合の副食費を、原則として当月分を翌月末日までに口座振替の方法により、納付しなければならない。

2 前項に規定するもののほか、主食費及び副食費(土曜保育を利用した場合に限る。)は、当月分については翌月末日までに、教育・保育給付認定子どもが入所する保育所に現金により納付しなければならない。

3 前2項に規定する納付日は、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下この項において「祝日法による休日」という。)、日曜日又は土曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い祝日法による休日、日曜日又は土曜日でない日とする。

(副食費の減免)

第5条 市長は、満3歳以上教育・保育給付認定子どものうち、次の各号に掲げる事項の区分に応じ、教育・保育給付認定保護者及び教育・保育給付認定保護者と同一の世帯に属する者に係る市町村民税所得割課税合算額がそれぞれ当該各号に定める金額である場合は、副食費を免除する。

(1) 子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)第19条第1項第2号に掲げる小学校就学前子どもに該当する教育・保育給付認定子ども(特定満3歳以上保育認定子どもを除く。次号において同じ) 57,700円未満

(2) 子ども・子育て支援法施行令(平成26年政令第213号)第4条第2項第6号に規定する特定教育・保育給付認定保護者 77,101円未満

2 市長は、前項に規定するもののほか同一世帯の年長の兄又は姉から数えて3人目以降の教育・保育給付認定子どもは、副食費を免除する。

3 市長は、教育・保育給付認定保護者から、満3歳以上教育・保育給付認定子どもが保育所を利用しない旨の申出があらかじめあった場合は、次のとおり副食費の減額をするものとする。

(1) 土曜日を除く開所日を連続して10日以上利用しなかった場合は、月額のうち1,785円を減額する。

(2) 土曜日を除く開所日を連続して21日以上利用しなかった場合は、月額の3,570円を減額する。

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める場合は、必要と認める額を減額する。

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、主食費及び副食費の徴収に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、令和元年10月1日から施行する。

別表

保育所名

主食費

副食費

適用

南アルプス市立八田保育所

南アルプス市立巨摩保育所

南アルプス市立白根保育所

南アルプス市立百田保育所

南アルプス市立白根東保育所

南アルプス市立芦安保育所

月額650円

月額3,570円

(土曜保育を利用した場合1回につき170円)


南アルプス市立若草保育所

南アルプス市立櫛形中央保育所

南アルプス市立櫛形西保育所

南アルプス市立櫛形北保育所

南アルプス市立豊保育所

南アルプス市立落合保育所

南アルプス市立南湖保育所

月額3,570円

(土曜保育を利用した場合1回につき170円)

主食は持参するため、主食費は徴収しない。

備考

1 満3歳以上教育・保育給付認定子どもが月の途中で入所した場合は、別表に定める対象区分の月額を徴収する。

2 満3歳以上教育・保育給付認定子どもが月の途中で退所した場合は、別表に定める対象区分の月額を徴収する。

南アルプス市立保育所給食費(主食費・副食費)の徴収に関する規則

令和元年9月27日 規則第25号

(令和元年10月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 児童・母子福祉
沿革情報
令和元年9月27日 規則第25号