○南房総市立保育所の設置及び管理に関する条例

平成18年3月20日

条例第115号

(設置)

第1条 市は、児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)第35条第3項の規定により、保育所を設置する。

(名称、位置及び定員)

第2条 保育所の名称、位置及び定員は、次のとおりとする。

名称

位置

定員

南房総市立富浦保育所

南房総市富浦町深名710番地1

63人

南房総市立富山保育所

南房総市合戸22番地1

60人

南房総市立三芳保育所

南房総市明石20番地

90人

南房総市立千倉保育所

南房総市千倉町南朝夷1400番地

90人

南房総市立嶺南保育所

南房総市沓見2705番地

68人

(職員)

第3条 保育所に、所長その他の職員を置く。

(保育所医等)

第4条 保育所に保育所医及び保育所歯科医を置く。

2 保育所医及び保育所歯科医は、非常勤とし市長が委嘱する。

(開所時刻等)

第5条 保育所の開所時刻、閉所時刻及び休所日は、規則で定める。

(入所の資格)

第6条 保育所に入所することができる者は、次のとおりとする。

(1) 子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号。以下この号及び第9条第1項において「支援法」という。)第20条第4項に規定する教育・保育給付認定子ども(支援法第19条第2号又は第3号に掲げる小学校就学前子どもに該当するものに限る。)

(2) 法第24条第5項又は第6項の規定による保育所への入所の措置を受けた小学校就学前子ども(第12条第2項及び第13条において「措置入所子ども」という。)

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認めた者

(入所許可等)

第7条 前条第1号又は第3号に該当する者(以下「入所対象子ども」という。)の保護者は、当該入所対象子どもを保育所に入所させようとするときは、市長の許可を受けなければならない。

2 前項の許可(以下「入所許可」という。)を受けている者(以下「入所許可者」という。)のうち、子ども・子育て支援法施行規則(平成26年内閣府令第44号)第4条第1項の規定により、保育必要量の認定について1箇月当たり平均200時間まで(1日当たり8時間までに限る。)の区分で認定を受けている者は、当該入所許可に係る入所対象子ども(以下「入所子ども」という。)について、延長保育(入所子どもが入所している保育所における規則で定める時間帯において、当該入所子どもで市長がやむを得ない理由があると認めるものについて行われる保育をいう。以下同じ。)を受けさせようとするときは、入所許可とは別に、市長の許可を受けなければならない。

3 市長は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、入所許可又は前項の許可(第12条第1項第2号及び第14条第3項において「延長保育許可」という。)(以下「入所許可等」という。)をしないことができる。

(1) 偽りその他不正の手段により入所許可等を受けようとしたとき。

(2) 入所許可等の申請に係る入所対象子どもが感染性の疾患を有するとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、保育所の管理上支障があるとき。

(入所許可の調整)

第8条 市長は、入所許可について、施設の利用状況その他の理由により必要があると認めるときは、規則で定めるところにより、必要な調整を行うものとする。

(保育料)

第9条 入所許可者は、1箇月につき支援法第27条第3項第2号に規定する政令で定める額を限度として当該入所許可者の属する世帯の所得の状況その他の事情を勘案して規則で定める額の保育料を、規則で定める日までに納付しなければならない。

2 入所許可者でその監護する入所子どもに延長保育を受けさせるものは、前項の保育料のほか、30分につき100円の保育料を納付しなければならない。

3 既納の保育料は、還付しない。ただし、市長が規則で定める特別の理由があると認めるとき、又は次条の規定により保育料を減額し、又は免除するときは、この限りでない。

(保育料の減免)

第10条 市長は、規則で定める特別の理由があると認めるときは、保育料を減額し、又は免除することができる。

(禁止行為)

第11条 保育所においては、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 保育所の施設又は設備その他の物件(第15条において「附属設備」という。)を汚損し、毀損し、若しくは滅失させる行為又はこれらのおそれがある行為

(2) 前号に掲げるもののほか、規則で定める行為

(届出)

第12条 入所許可者は、次の各号のいずれかに該当するときは、規則で定めるところにより、その旨を市長に届け出なければならない。

(1) その監護する入所子どもを保育所から退所させるとき。

(2) 延長保育許可を受けている入所許可者にあっては、その監護する入所子どもについて、当該延長保育許可に係る延長保育を受けさせることをやめるとき。

(3) 入院その他の事由によりその監護する入所子どもを1箇月以上保育所に通所させないとき。

(4) 第10条の規定による保育料の減免(以下この号並びに第14条第4項及び第5項において「減免処分」という。)を受けている入所許可者にあっては、当該減免処分の理由となった事実に変更があったとき。

(5) その監護する入所子どもが感染性の疾患にかかったとき。

2 前項第5号の規定は、措置入所子どもの保護者について準用する。

(通所の停止)

第13条 市長は、入所子ども又は措置入所子どもが次の各号のいずれかに該当するときは、その保護者に対し、当該入所子ども又は措置入所子どもの保育所への通所の停止を命ずることができる。

(1) 感染性の疾患にかかり、又はそのおそれがあるとき。

(2) 前号に掲げるもののほか、保育所の管理上支障があるとき。

(入所許可等の取消し等)

第14条 市長は次の各号のいずれかに該当するときは、入所許可等を取り消すことができる。

(1) 入所許可者が偽りその他不正の手段により入所許可等を受けたとき。

(2) 入所子どもが入所対象子どもでなくなったとき。

(3) この条例若しくはこの条例に基づく規則の規定又はこれらの規定による処分に違反する行為があったとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、保育所の管理上支障があるとき。

2 第12条第1項の規定による届出(同項第1号に係るものに限る。以下この項において同じ。)があったときは、当該届出に係る保育所からの退所の予定の日の経過により当該届出を行った入所許可者に係る入所許可が取り消されたものとみなす。

3 前項の規定は、第12条第1項の規定による届出(同項第2号に係るものに限る。)があったときについて準用する。この場合において、同項中「保育所から退所の」とあるのは「延長保育を受けさせることをやめる」と、「入所許可が」とあるのは「延長保育許可が」と読み替えるものとする。

4 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、減免処分を取り消すことができる。

(1) 入所許可者が偽りその他不正の手段により減免処分を受けたとき。

(2) 第10条に規定する規則で定める特別の理由がなくなったとき。

5 市は、第1項の規定による入所許可の取消し又は前項の規定による減免処分の取消しによる損害については、賠償の責めを負わない。

(原状回復義務等)

第15条 自己の責めに帰すべき事由により保育所の施設又は附属設備を汚損し、毀損し、又は滅失させた者は、直ちにこれを原状に回復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(委任)

第16条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の富浦町保育所の設置及び管理に関する条例(昭和58年富浦町条例第12号)、富山町保育所の設置及び管理に関する条例(昭和60年富山町条例第6号)、三芳村保育所の設置及び管理に関する条例(昭和58年三芳村条例第6号)、千倉町保育所条例(昭和40年千倉町条例第18号)、丸山町保育所設置条例(昭和57年丸山町条例第5号)又は和田町保育所設置条例(昭和56年和田町条例第14号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

(平成26年3月12日条例第2号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。ただし、附則第3項から第5項までの規定は、公布の日から起算して6月を超えない範囲内において教育委員会規則で定める日から施行する。

(平成26年教委規則第16号で平成26年9月1日から施行)

(平成26年12月19日条例第33号)

(施行期日)

1 この条例は、子ども・子育て支援法及び就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成24年法律第67号)の施行の日から施行する。ただし、附則第4項の規定は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の際現にこの条例による改正前の南房総市保育所条例第5条の規定により、市長が保育に欠けると認めてその監護する乳幼児を南房総市立保育所に入所させている保護者(親権を行う者、未成年後見人その他の監護を行う者をいう。)は、当該乳幼児がこの条例による改正後の南房総市保育所条例第7条第1項に規定する入所対象子どもである場合に限り、同条第2項に規定する入所許可者とみなす。

(南房総市幼保一体施設設置条例の一部改正)

3 南房総市幼保一体施設設置条例(平成26年南房総市条例第2号)の一部を次のように改正する。

第3条中「南房総市保育所条例」を「南房総市立保育所の設置及び管理に関する条例」に改める。

(準備行為)

4 この条例の施行のため必要な入所許可その他の準備行為は、この条例の施行前においても行うことができる。

(平成27年3月20日条例第6号)

(施行期日)

1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。ただし、附則第3項の規定は、公布の日から起算して6月を超えない範囲内において教育委員会規則で定める日から施行する。

(平成27年教委規則第12号で平成27年9月1日から施行)

(平成27年12月22日条例第52号)

(施行期日)

1 この条例は、平成28年4月1日から施行する。ただし、附則第3項及び第4項の規定は、公布の日から起算して6月を超えない範囲内において教育委員会規則で定める日から施行する。

(平成28年教委規則第9号で平成28年5月1日から施行)

(平成28年12月22日条例第44号)

(施行期日)

1 この条例は、平成29年3月27日から施行する。

(平成30年6月29日条例第22号)

(施行期日)

1 この条例は、平成31年4月1日から施行する。

(令和元年9月27日条例第12号)

この条例は、令和元年10月1日から施行する。

(令和5年6月20日条例第20号)

この条例は、公布の日から施行する。

南房総市立保育所の設置及び管理に関する条例

平成18年3月20日 条例第115号

(令和5年6月20日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子(父子)福祉
沿革情報
平成18年3月20日 条例第115号
平成26年3月12日 条例第2号
平成26年12月19日 条例第33号
平成27年3月20日 条例第6号
平成27年12月22日 条例第52号
平成28年12月22日 条例第44号
平成30年6月29日 条例第22号
令和元年9月27日 条例第12号
令和5年6月20日 条例第20号