○南房総市墓地等の経営の許可等に関する条例施行規則

平成18年3月20日

規則第98号

(経営許可の申請)

第2条 条例第3条に規定する申請書は、墓地(納骨堂・火葬場)経営許可申請書(別記第1号様式)とする。

2 条例第3条の規則で定める書類及び図面は、次に掲げるとおりとする。

(1) 墓地等の周囲200メートル以内の河川、海又は湖沼及び住宅等の状況を示す見取図

(2) 墓地等の位置を示す図面

(3) 墓地にあってはその区域を示す図面並びに施設の配置図及び構造図、納骨堂又は火葬場にあっては建物及びその附属設備の配置図及び構造図

(4) 墓地等に係る土地の登記事項証明書

(5) 墓地にあっては、公図の写し及び地積測量図

(6) 維持管理規則等墓地等として使用に供するために必要な事項を記載した書類

(7) 管理運営計画書等墓地等の経営に必要な事項を記載した書類

(8) 資金計画書及び墓地等の設置に要した費用の内訳明細書

(9) 第5条第2項に規定する事前協議済書の写し

(10) 申請者が地方公共団体である場合にあっては、議会の議決書の写し

(11) 申請者が宗教法人等である場合にあっては、当該宗教法人等の宗教法人規則、寄附行為又は定款の写し、法人の登記事項証明書及び許可申請に関する意思決定をした旨を証する書類

(12) その他市長が必要と認める書類

(変更許可の申請)

第3条 条例第4条に規定する申請書は、墓地(納骨堂・火葬場)変更許可申請書(別記第2号様式)とする。

2 条例第4条の規則で定める書類及び図面は、次に掲げるとおりとする。

(1) 変更後の墓地等に係る前条第2項第1号から第9号までに掲げる書類及び図面

(2) 申請者が宗教法人等である場合にあっては、法人の登記事項証明書及び許可申請に関する意思決定をした旨を証する書類

(3) 条例第8条第4項第3号に該当する場合にあっては、改葬報告書

(廃止許可の申請)

第4条 条例第5条に規定する申請書は、墓地(納骨堂・火葬場)廃止許可申請書(別記第3号様式)とする。

2 条例第5条の規則で定める書類は、次に掲げるとおりとする。

(1) 墓地又は納骨堂を廃止する場合にあっては、改葬報告書。ただし、引き継いで墓地、埋葬等に関する法律(昭和23年法律第48号。以下「法」という。)第10条第1項又は第2項の許可を受けて経営する者がある場合は、この限りでない。

(2) 申請者が地方公共団体である場合にあっては、議会の議決書の写し

(3) 申請者が宗教法人等である場合にあっては、法人の登記事項証明書及び許可申請に関する意思決定をした旨を証する書類

(事前協議)

第5条 条例第6条の規定による協議を行おうとする者(以下「経営予定者」という。)は、墓地(納骨堂)経営(変更)許可事前協議書(別記第4号様式)に別に定める書類及び図面を添付して、市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の協議が終了したときは、その旨を墓地(納骨堂)経営(変更)許可事前協議済書(別記第5号様式)により経営予定者に通知するものとする。

3 前2項に規定するもののほか、事前協議に関し必要な事項は、市長が別に定める。

(許可等の通知)

第6条 条例第7条の規定による許可の通知は墓地(納骨堂・火葬場)経営(変更・廃止)許可書(別記第6号様式)により、不許可の通知は墓地(納骨堂・火葬場)不許可通知書(別記第7号様式)により行うものとする。

(墓地変更許可の要件)

第7条 条例第8条第4項の規則で定める要件は、次の各号のいずれにも該当する場合とする。

(1) 変更をする前の墓地の区域の面積と変更により新たに墓地となる区域の面積の合計が当該変更に係る墓地のうち法第10条第1項の規定により許可を受けた墓地の区域の面積の2倍以下の面積であること。

(2) 変更をする前の墓地の区域と当該変更により新たに墓地となる区域が接続している等その形態が一の墓地の区域であると認められること。

(墓地の表示)

第8条 条例第16条第2項の規則で定める事項は、次に掲げるとおりとする。

(1) 墓地の名称

(2) 墓地の所在地

(3) 経営者の住所及び氏名(法人にあっては、主たる事務所の所在地、名称及び代表者の氏名)

(4) 経営許可年月日及び許可番号(法第10条第2項に規定する墓地等の変更許可を受けた場合にあっては、経営許可年月日及び許可番号並びに変更許可年月日及び変更許可番号)

(5) 面積及び区画数

(6) 墓地全体の概略を示す平面図

(7) その他市長が必要と認める事項

2 条例第16条第2項の規定による表示は、縦0.9メートル、横1.8メートル以上の標識を墓地の出入口付近の外部から見やすい位置に設置することにより行わなければならない。

(申請書等提出部数)

第9条 条例又はこの規則に基づき市長に提出する書類及び図面の部数は、正副2部とする。

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の富浦町墓地等の経営の許可等に関する条例施行規則(平成13年富浦町規則第3号)、富山町墓地等の経営の許可等に関する条例施行規則(平成15年富山町規則第10号)、三芳村墓地等の経営の許可に関する条例施行規則(平成13年三芳村規則第5号)、白浜町墓地等の経営の許可等に関する条例施行規則(平成13年白浜町規則第2号)、丸山町墓地等の経営の許可等に関する条例施行規則(平成12年丸山町規則第22号)又は和田町墓地等の経営の許可等に関する条例施行規則(平成13年和田町規則第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

(平成28年3月31日規則第25号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

(平成29年3月29日規則第11号)

(施行期日)

1 この規則は、平成29年4月17日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現にあるこの規則による改正前の様式については、この規則による改正後の様式にかかわらず、当分の間、なおこれを使用することができる。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

南房総市墓地等の経営の許可等に関する条例施行規則

平成18年3月20日 規則第98号

(平成29年4月17日施行)