○南房総市水道事業就業規程

平成18年3月20日

水道事業管理規程第3号

(趣旨)

第1条 南房総市水道事業に関しては、別に法令、条例、管理規程及びその他の規程に別段の定めがあるもののほか、この規程の定めるところによる。

(定義)

第2条 この規程において「職員」とは、地方公営企業法(昭和27年法律第292号)第15条第1項の規定により、市長が水道事業の企業職員として任命した者をいう。

(服務の根本基準)

第3条 職員は、地方公営企業法第3条に規定する水道事業の経営の基本原則を自覚し、法令、条例、管理規程その他の規程を尊重し、上司の職務上の命令に従い、誠実に職務を行わなければならない。

(服務等)

第4条 この規程に定めるもののほか、職員の服務及び当直勤務については、南房総市職員服務規程(平成18年南房総市訓令第20号)の例による。

(勤務時間)

第5条 職員の勤務時間は、1週間につき、38時間45分とする。

2 前項に規定する勤務時間は、月曜日から金曜日までの5日間においては1日につき7時間45分となるように、割り振るものとする。

3 市長は、勤務を要しない日において、特に勤務をすることを命ずる必要がある場合には、前項の規定により勤務時間が割り振られた日(以下「勤務日」という。)のうち市長が定める時間内にある勤務日を勤務を要しない日に変更して、当該勤務日に割り振られた勤務時間を当該勤務することを命ずる必要がある日に割り振り、又は当該期間内にある勤務日の勤務時間のうち4時間の勤務時間(4時間の勤務時間のみが割り振られている日以外の勤務日の勤務時間のうち勤務開始の時刻から連続し、又は勤務終了の時刻まで連続する4時間の勤務時間をいう。以下同じ。)を当該勤務日に割り振ることをやめて当該4時間の勤務時間を当該勤務することを命ずる必要がある日に割り振ることができる。

4 市長は、勤務を要しない日の振替及び4時間の勤務時間の割り振り変更を行った場合には、職員に対して速やかにその旨を通知しなければならない。

第6条 前条に定めるもののほか、職員の勤務時間等については、南房総市職員の勤務時間に関する規程(平成18年南房総市訓令第19号)の例による。

第7条 労働基準法(昭和22年法律第49号。以下「法」という。)第36条に定める手続を経て市長は、職員に時間外勤務を命ずることができる。

(勤務を要しない日)

第8条 日曜日及び土曜日は、勤務を要しない日とする。

(始業及び終業時刻)

第9条 始業及び終業時刻は、午前8時30分から午後5時15分までとする。

(休憩時間)

第10条 市長は、1日の勤務時間が6時間を超える場合においては、少なくとも1時間の休憩時間を、所定の勤務時間の途中に置かなければならない。

2 休憩時間は、正午から午後1時までとする。

3 休憩時間に対しては、給与を支給しない。

(時間外勤務)

第11条 市長は、法第33条第1項又は法第36条による協定を締結した場合若しくは法第41条第2号及び第3号の職員に係る場合は法第32条及び第35条の規定にかかわらず、勤務時間を延長し、第8条に規定する勤務を要しない日及び次条に規定する休日に職員を勤務させることができる。

(休日及び休暇)

第12条 職員の休日及び休暇に関しては、南房総市一般職の職員の例による。

(育児休業及び部分休業)

第13条 職員の育児休業及び部分休業に関しては、南房総市一般職の職員の例による。

(自己啓発等休業)

第14条 職員の自己啓発等休業に関しては、南房総市一般職の職員の例による。

(職員の責務)

第15条 職員は、安全及び衛生に関する法令を守り、かつ、進んで災害の防止及び疾病の予防に努めなければならない。

(健康診断の実施)

第16条 市長は、毎年1回以上期日を定めて健康診断を行う。

(災害補償)

第17条 職員が業務上負傷し、又は疾病にかかった場合の補償は、地方公務員災害補償法(昭和42年法律第121号)に定めるところによる。

この規程は、平成18年3月20日から施行する。

(平成18年9月28日水管規程第9号)

この規程は、平成18年10月1日から施行する。

(平成20年3月28日水管規程第4号)

この規程は、公示の日から施行する。

(平成21年12月4日水管規程第13号)

この規程は、平成22年1月1日から施行する。

南房総市水道事業就業規程

平成18年3月20日 水道事業管理規程第3号

(平成22年1月1日施行)