○南房総市繁殖和牛導入資金貸付基金条例施行規則

平成19年9月28日

規則第32号

(貸付契約)

第2条 市長は、契約により、基金(条例第1条に定める南房総市繁殖和牛導入資金貸付基金をいう。以下同じ。)に属する現金のすべてを、資金(条例第1条に定める繁殖和牛導入資金をいう。以下同じ。)として毎年度安房農業協同組合(以下「農協」という。)に貸し付けるものとする。

2 市長は、前項の規定による契約の締結に当たっては、次の各号に掲げる事項を定めるものとする。

(1) 貸付金額

(2) 貸付金の用途に関する事項

(3) 貸付金の償還方法に関する事項

(4) 前3号に掲げるもののほか必要と認める事項

(貸付対象経費等)

第3条 条例第6条第3項の規則で定める必要事項は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 貸付対象経費 成雌牛又は育成雌牛の導入に係る経費(以下「導入金」という。)であること。

(2) 貸付金額 導入金から準備金(1頭当たり10万円とする。)を除いた額とし、1頭当たり70万円を限度とする。

(3) 導入頭数 成雌牛又は育成雌牛の導入頭数は、毎年度1人当たり1頭までとする。

(4) 利子 資金の貸付けに係る利子は、無利子とする。

(申請)

第4条 資金の貸付けを受けようとする者(以下「申請者」という。)は、市長の指定する日までに繁殖和牛導入資金貸付申請書(別記第1号様式。以下「申請書」という。)に和牛繁殖経営計画書(別記第2号様式。以下「計画書」という。)を添付し、農協に提出しなければならない。

2 市長は、前項の規定による申請が農協にあったときは、農協に対し、次の各号に掲げる書類の提出を求めるものとする。

(1) 申請書の写し

(2) 計画書の写し

(3) 条例第6条第1項及び前条に定める事項を調査し、資金を貸し付ける者の一覧表

3 市長は、前項の規定による書類の提出を受けたときは、その内容を審査し、農協に対し、資金の貸付けについて必要な事項を通知するものとする。

(申請者への貸付け)

第5条 前条の規定により資金の貸付けが認められた申請者は、農協との契約により、資金の貸付けを受けるものとする。

2 市長は、前項の契約が締結されたときは、農協に対し、当該契約に係る契約書の写しを提出するよう求めるものとする。

(償還期間)

第6条 第2条の規定により貸し付けた資金の償還期間は、当該貸し付けた年度(以下「初年度」という。)から起算して、5年とする。

(償還の方法)

第7条 貸付金の償還方法は、5箇年の均等分割払(均等分割金額に1,000円未満の端数があるときは、すべて最初の納付期限に係る均等分割金額に合算する。)とし、市長は、農協に対し、市が発行する納入通知書により、貸付金を市に償還させるものとする。

(検査)

第8条 市長は、必要があると認めたときは、計画書に基づき、資金により購入した繁殖和牛について適正に飼養されているか検査するものとする。

(委任)

第9条 この規則に定めるもののほか、条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

この規則は、公布の日から施行する。

(平成25年4月22日規則第38号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像画像

南房総市繁殖和牛導入資金貸付基金条例施行規則

平成19年9月28日 規則第32号

(平成25年4月22日施行)