○南房総市区域外就学に関する規則

令和4年2月1日

教育委員会規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、学校教育法施行令(昭和28年政令第340号)第9条の規定による区域外就学に関し必要な事項を定めるものとする。

(用語の意義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 児童生徒 小学校又は中学校に在籍している者及び翌年度に小学校又は中学校に入学すべき者をいう。

(2) 保護者 学校教育法(昭和22年法律第26号)第16条に規定する保護者をいう。ただし、保護者がいない場合又は所在が不明な場合には、南房総市教育委員会(以下「市教育委員会」という。)が認めた者とする。

(3) 区域外就学 児童生徒が住所を存する市区町村の設置する小学校又は中学校以外の小学校又は中学校に就学することをいう。

(申請)

第3条 児童生徒の保護者は、市外に住所を存する当該児童生徒を市内の小学校又は中学校に就学させようとするときは、区域外就学申請書(別記第1号様式)を市教育委員会に提出しなければならない。

(審査及び協議)

第4条 市教育委員会は、前条に規定する申請書を受理した場合は、別表に掲げる基準により審査し、適当であると認めるときは、当該児童生徒の住所を存する市区町村の教育委員会に区域外就学協議書(別記第2号様式)により協議するものとする。

(承諾の通知)

第5条 市教育委員会は、前条に規定する協議により承諾したときは、児童生徒の保護者及び関係する学校長に区域外就学承諾書(別記第3号様式)により通知するものとする。

(不承諾の通知)

第6条 市教育委員会は、別表の基準及び第4条に規定する協議により不承諾としたときは、児童生徒の保護者に区域外就学不承諾通知書(別記第4号様式)により通知するものとする。

(承諾の取消し)

第7条 市教育委員会は、第5条の区域外就学の承諾後に、虚偽の記載があると認められるとき又は申請の事由が変更し、若しくは消滅したと認められるときは、当該承諾を取り消し、又は変更することができる。

(委任)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市教育委員会が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

別表(第4条関係)

区域外就学の基準について

区分

事由

期間

申請書の添付書類

1

学年(期)途中に通学区域外へ転居等し、引き続き現就学校に通学を希望する場合

当該年度(年度毎更新)

住民票(全部)の写し

2

卒業学年において通学区域外へ転居等し、引き続き現就学校に通学を希望する場合

当該年度(当該校卒業まで)

住民票(全部)の写し

3

地理的条件からみて、指定された学校に通学することが困難あるいは危険であり、又は通学距離、交通の利便等を勘案して、真に区域外就学を認める必要がある場合

当該年度(事由解消まで)

住民票(全部)の写し

市教育委員会が必要とする書類又は証明書

4

共働き等、保護者の就労に係わる事情により、やむを得ず児童生徒を通学区域外の他家に預けなければ就学できない場合

当該年度(年度毎更新)

住民票(全部)の写し

就労証明書

預かり承諾書等

5

入学又は新学期当初に転居等を予定し、転居までの期間、現住地から転居予定地区域の学校に就学を希望する場合

当該転居等までの期間(当該年度)

住民票(全部)の写し

転居予定地や時期を証明する書類の写し

6

兄・姉が区域外就学を承認された場合、学校と家庭の連絡などの関係から、兄・姉と同一の学校に通学させることが適当と認められる場合

当該年度(年度毎更新)

兄・姉の区域外就学承諾書の写し

7

隣接する他の通学区域への転居等で、引き続き現就学校に通学を希望し、かつ通学距離に著しい差がなく、通学上の安全等に支障がない場合

当該年度(年度毎更新)

住民票(全部)の写し

8

心身の障害又は疾病等により、通院事情や通学条件、学校環境を配慮する必要がある場合

事由解消まで(年度毎更新)

住民票(全部)の写し

医師等の診断書

9

市外に転居等したが、心身に著しい疾患があり、転校に支障があると認められ、引き続き現就学校に通学を希望する場合

事由解消まで(年度毎更新)

住民票(全部)の写し

医師の診断書

10

その他、児童生徒等の具体的な事情に即して市教育委員会が必要と認める場合

当該年度(年度毎更新)又は事由解消まで

住民票(全部)の写し

備考

1 いずれの場合も、学校の受入態勢が整っており、通学の安全上支障がないことが条件となります。

2 小学校入学時、「幼稚園の友達と同じ学校に入学したい」という友人関係を理由とする区域外就学は認められません。

3 中学校入学時、「小学校の友達と同じ学校に入学したい」という友人関係の理由や、部活動を理由とする区域外就学は認められません。

4 区域外就学の申請については、原則、毎年度更新が必要となります。

画像

画像

画像

画像画像

南房総市区域外就学に関する規則

令和4年2月1日 教育委員会規則第2号

(令和4年2月1日施行)