○街頭演説に必要な標旗に関する規程

昭和31年10月14日

選挙管理委員会告示第24号

(通則)

第1条 村の議会の議員、長の選挙において、公職選挙法(昭和25年法律第100号)第164条の5の規定による街頭演説の際に携帯し、又は掲げなければならない標旗に関しては、この規程の定めるところによる。

(標旗の様式)

第2条 標旗は、別記様式による。

(交付)

第3条 標旗は、立候補届のあったときに交付する。

(掲示)

第4条 標旗は、聴衆の見やすいようにその演説中、常に掲げておかなければならない。

(再交付)

第5条 標旗を紛失し、又は破損したため、その再交付を受けようとするときは、宮田村選挙管理委員会(以下「村委員会」という。)に紛失証明書又は破損した標旗を添えて、文書で申請しなければならない。

(返還)

第6条 標旗は、選挙期日後直ちに村委員会に返さなければならない。候補者が死亡し、又は候補者たることを辞したときも、また同様とする。

附 則

この規程は、昭和31年10月14日から施行する。

附 則(平成9年4月1日選告示第2号)

この告示は、公布の日から施行する。

画像

街頭演説に必要な標旗に関する規程

昭和31年10月14日 選挙管理委員会告示第24号

(平成9年4月1日施行)

体系情報
第2編 議会・選挙・監査/第2章 挙/第2節 選挙一般
沿革情報
昭和31年10月14日 選挙管理委員会告示第24号
平成9年4月1日 選挙管理委員会告示第2号