○監査委員条例

平成3年12月16日

条例第16号

監査委員条例(昭和39年宮田村条例第3号)の全部を次のように改正する。

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第202条の規定に基づき、宮田村監査委員(以下「監査委員」という。)に関して必要な事項を定めるものとする。

(定期監査)

第2条 監査委員は、法第199条第4項の規定による定期監査を、毎年7月から12月までの間に1回行い、その期日は、監査期日前10日までに監査を受ける機関に通知しなければならない。

(例月出納検査)

第3条 監査委員は、法第235条の2第1項の規定による現金出納検査を、毎月25日に行わなければならない。ただし、休日又は特別の事情のあるときは、その期日を変更することができる。

(監査の着手)

第4条 監査委員は、法令の規定により、監査の請求又は要求を受理したときは、14日以内に監査に着手しなければならない。

(結果の公表及び告示)

第5条 監査の結果の公表及び告示については、宮田村公告式条例(昭和31年宮田村条例第5号)の規定を準用する。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年3月19日条例第27号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成19年4月1日から施行する。ただし、第1条の規定、第6条中宮田村職員等の旅費に関する条例第2条第2号及び同条例第5条第2項の改正規定並びに第7条の規定は、公布の日から施行する。

監査委員条例

平成3年12月16日 条例第16号

(平成19年3月19日施行)

体系情報
第2編 議会・選挙・監査/第3章
沿革情報
平成3年12月16日 条例第16号
平成19年3月19日 条例第27号