○宮田村分担金徴収条例

昭和58年3月15日

条例第3号

(目的)

第1条 この条例は、宮田村が施行する公共事業に要する費用(以下「事業費」という。)に充てるため、当該事業により特に利益を受ける者(以下「受益者」という。)から、地方自治法(昭和22年法律第67号)第224条の規定に基づいて徴収する分担金について必要な事項を定めることを目的とする。

(分担金の額)

第2条 分担金の額は、各年度ごとに、別表に掲げる率の範囲内で村長が定める。

(徴収方法)

第3条 前条の規定による分担金の徴収は、毎年度工事の着手前とし、受益者は、村長が納入通知書を発した日から30日以内に全額納入しなければならない。ただし、特別の事情があるときは、村長の承認を得て分割納入することができる。

(徴収の猶予及び減免)

第4条 村長は、受益者が災害その他公益上やむを得ない理由があると認める場合は、分担金の徴収を猶予し、又は減免することができる。

(追徴及び還付)

第5条 村長は、工事の施行その他予算の都合により事業費に増減を生じた場合は、分担金を追徴又は還付するものとする。

(補則)

第6条 この条例に定めるもののほか、分担金の徴収に関し必要な事項は、村長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、昭和58年4月1日から施行する。

(宮田村受益者分担金条例の廃止)

2 宮田村受益者分担金条例(昭和26年宮田村条例第45号)は、廃止する。

附 則(平成3年3月15日条例第2号)

この条例は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成6年12月16日条例第22号)

この条例は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成12年3月13日条例第14号)

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

事業区分

基準事業費

分担率

1 林道開設事業

補助基準額

10%

2 3級道路新設改良事業

工事費

10

3 3級道路舗装事業

工事費

10

4 水路幅1m未満の水路改修事業

工事費

5

宮田村分担金徴収条例

昭和58年3月15日 条例第3号

(平成12年3月13日施行)

体系情報
第6編 務/第4章 税外収入
沿革情報
昭和58年3月15日 条例第3号
平成3年3月15日 条例第2号
平成6年12月16日 条例第22号
平成12年3月13日 条例第14号