○宮田村災害見舞金支給規則

昭和63年3月31日

規則第5号

(目的)

第1条 この規則は、火災、風水害、その他不慮の災害において、災害救助法(昭和22年法律第118号)による救助の対象とならない災害の場合の被災者又はその遺族に対し見舞金及び弔慰金を支給することに関し、必要な事項を定めるものとする。

(対象)

第2条 村民が次の各号のいずれかに該当するときは、被災者に対し見舞金を、遺族に対し弔慰金を支給する。

(1) 火災に被災したとき。

(2) 風水害に被災したとき。

(3) 前2号のほか不慮の災害を受け、村長が認めたとき。

(見舞金及び弔慰金)

第3条 見舞金及び弔慰金の額は、次に掲げる額とする。

(1) 住宅のおおむね全部が焼失、流失、倒壊したとき。 50,000円

(2) 住宅のおおむね2分の1が焼失、流失、倒壊したとき。 30,000円

(3) 住宅の床上浸水 20,000円

(4) 死亡したとき。 50,000円

(5) 重傷を負ったとき。 30,000円

(6) 前各号以外の被害で村長が認めたとき。 村長の定める額

(支給の制限)

第4条 災害の原因が被害者の故意又は重大な過失があったときは、見舞金若しくは弔慰金を支給しないことができる。

附 則

この規則は、昭和63年4月1日から施行する。

宮田村災害見舞金支給規則

昭和63年3月31日 規則第5号

(昭和63年4月1日施行)

体系情報
第7編 生/第1章 社会福祉
沿革情報
昭和63年3月31日 規則第5号