○宮田村道路占用規則

昭和51年3月31日

規則第14号

(用語の意義)

第1条 この規則で「法」とは道路法(昭和27年法律第180号)を、「令」とは道路法施行令(昭和27年政令第479号)をいう。

(許可申請の様式)

第2条 法第32条第1項の規定による許可を受けようとする者は、道路占用許可申請書(様式第1号)次の各号に掲げる書類を添えて村長に提出しなければならない。

(1) 付近平面図

(2) 実測求積図(縮尺100分の1以上)

(3) その他必要な書類

(申請事項の変更)

第3条 前条の規定により許可を受けた者(以下「道路占用者」という。)が許可申請書又は前条各号の添付書類の記載事項を変更しようとするとき(令で定めた軽易な事項を変更する場合を除く。)は、道路占用許可変更申請書(様式第1号)を村長に提出しなければならない。

(占用の更新)

第4条 占用期間が満了し、占用許可を更新しようとする道路占用者は、当該期間満了の1月前までに、道路占用更新許可申請書(様式第1号)を村長に提出しなければならない。

(占用の廃止又は中止)

第5条 道路占用者が占用の廃止又は中止をしたときは、道路占用廃止(中止)届出書(様式第2号)を村長に提出しなければならない。

(原状の回復)

第6条 道路占用者は、道路の占用の期間が満了した場合又は道路の占用を廃止した場合において、法第40条の規定による原状回復の措置を講じたときは、原状回復届(様式第3号)を村長に提出し、その検査を受けなければならない。

2 占用の許可を受けた法人が解散したときは、清算人が前項の手続を執らなければならない。

3 占用許可を受けた者が死亡したときは、その相続人が第1項の規定による手続を執らなければならない。

4 第1項の規定による検査の結果不適当と認めるものについては、更に原状回復の措置を執らなければならない。

5 原状回復の場合における費用は、全て占用者の負担とする。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過規定)

2 この規則施行の際、既に提出されている申請書又はその他の書類は、この規則の規定に基づいて提出された申請書その他の書類とみなす。

画像画像

画像

画像

宮田村道路占用規則

昭和51年3月31日 規則第14号

(昭和51年3月31日施行)