○学校評議員運営規程

平成13年4月1日

教育委員会訓令第2号

(趣旨)

第1条 この規程は、宮田村立小・中学校の管理規則(昭和38年宮田村教育委員会規則第1号)第20条の3の規定に基づき、学校評議員に関する基本的事項について定めるものとする。

(定数)

第2条 学校評議員の定数は、小・中学校各4人とする。

(任期)

第3条 学校評議員の任期は、委嘱の日からその年度末までとする。ただし、再任することができる。

2 教育委員会は、特別の事情があるときは、任期満了前に学校評議員の委嘱を解くことができる。

3 補欠評議員の任期は、前任者の残任期間とする。

(役割)

第4条 校長は、学校運営に関し、自己の権限と責任に属する事項のうち必要と認める事項について、学校評議員に意見を求める。

2 校長は、学校評議員の意見を参考としつつ、学校運営を行うものとする。

(選任手続)

第5条 学校評議員は、校長の推薦により教育委員会が委嘱する。

2 校長は、できる限り幅広い分野から教育に関する理解及び識見を有する者を選考して推薦するものとする。

(運営の基本方針)

第6条 学校評議員の運営は、校長の責任と権限において行うものとする。

(守秘義務)

第7条 学校評議員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、また、同様とする。

(報償)

第8条 学校評議員に対する報償は、予算の範囲内において別に定める。

(公務災害補償)

第9条 学校評議員の公務災害補償については、非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の規定を適用する。

(その他)

第10条 この規程に定めるもののほか、学校評議員の運営上必要な事項については、校長が別に定める。

附 則

この規程は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成16年4月1日教委訓令第1号)

この規程は、平成16年4月1日から施行する。

学校評議員運営規程

平成13年4月1日 教育委員会訓令第2号

(平成16年4月1日施行)

体系情報
第11編 育/第3章 学校教育
沿革情報
平成13年4月1日 教育委員会訓令第2号
平成16年4月1日 教育委員会訓令第1号