○宮田村民会館設置及び管理に関する条例

平成10年9月21日

条例第24号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、宮田村民会館の設置及びその管理等に関し必要な事項を定めるものとする。

(目的及び設置)

第2条 教育、文化、福祉の増進及び産業の振興に寄与することを目的として、住民に研修施設、教養娯楽施設等提供するため、宮田村民会館(以下「村民会館」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第3条 村民会館の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

宮田村民会館

宮田村7021番地

(使用の許可)

第4条 村民会館を使用しようとする者は、村長に申請し許可を受けなければならない。

(使用の制限)

第5条 村長は、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、使用の許可をしない。既に許可したものであっても許可を取り消し、又は使用の停止をさせることができる。この場合において、これによって生じた損害に対して、村はその責めを負わない。

(1) 風紀、又は秩序を乱し、公益を害するおそれがあるとき。

(2) 施設、設備を損傷するおそれがあるとき。

(3) 申請目的以外に使用したとき。

(4) その他管理上必要があるとき。

(使用料の納付)

第6条 村民会館を使用しようとする者は、別表に定める使用料を納めなければならない。又、使用の申込みをした者が、別に定める日にその申込みを取り消したとき、使用の取消し料を納めなければならない。

(使用料の減免)

第7条 村長は、公益その他必要があると認めたときは、使用料の全部又は一部を減免することができる。

(使用料の還付)

第8条 村長は、使用者の責めによらない理由により使用できなかった場合であって、やむを得ないと認めるときは使用料を還付することができる。

(委任)

第9条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、村長が別に定める。

附 則

この条例は、平成10年12月1日から施行する。

附 則(平成15年3月17日条例第3号)

この条例は、平成15年6月1日から施行する。

附 則(平成18年12月15日条例第24号)

(施行期日)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月17日条例第11号)

この条例は、平成29年4月1日から施行する。

別表(第6条関係)

1 大ホール等施設の使用料

区分

金額(1時間)

大ホール

3,000円

学習室・創作室・研修室(第1・2・4・5研修室)各1室・ホワイエ(大ホール同時使用時を除く。)

村内・登録団体

200円

村外

400円

研修室(第6・7研修室)各1室

村内・登録団体

150円

村外

300円

練習室・調理室・視聴覚室・第3研修室各1室

村内・登録団体

300円

村外

600円

備考

1 大ホールを営利又は営業のため使用する使用料の額は、この表に定める額の100分の160に相当する額とする。

2 大ホールを準備のために使用する場合の使用料の額は、当該区分に定める(1に該当する場合にあっては、1において算出された額)100分の60に相当する額とする。

3 その他の各室を営利又は営業のために使用する場合の使用料の額は、当該区分の100分の400に相当する額とする。

4 村長が認めた団体は、村内・登録団体の使用料の2分の1以内とする。

2 附属設備等を使用する場合の使用料

区分

使用料

附属設備を使用する場合

冷房又は暖房を使用する場合

電気器具の持込みをして電力を使用する場合

村長が別に定める

宮田村民会館設置及び管理に関する条例

平成10年9月21日 条例第24号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第11編 育/第5章 社会教育
沿革情報
平成10年9月21日 条例第24号
平成15年3月17日 条例第3号
平成18年12月15日 条例第24号
平成29年3月17日 条例第11号