○宮田村学童保育要綱

平成19年3月19日

教育委員会告示第1号

(目的)

第1条 この要綱は、村内における留守家庭児童の保護及び健全育成を図るため、宮田村学童保育(以下「学童保育」という。)の設置及びその運営について必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において「留守家庭児童」とは、次の各号に掲げる要件を備えているものとする。

(1) 原則として村内の小学校の第1学年から第4学年までに在学する児童であること。

(2) 帰宅しても、保護者が就労等により不在のため、適切な保護が受けられない児童であること。

2 「学童保育」とは、学校の空き教室又は公的施設を利用できるものをいう。

(指導員)

第3条 学童保育には指導員を置き、その資格及び任務は次のとおりであること。

(1) 原則として教員又は保育士の資格を有し、心身共に健全である者

(2) 児童の育成に知識と経験を有し、ボランティアとしての熱意に富む者

(3) 児童の保護と健全な育成の推進に当たるとともに、保護者及び学校長並びに関係機関との連携を密にするものとする。

(4) 学童保育の設備及び備品を管理するものとする。

(開設日)

第4条 学童保育の開設日は、原則として土日曜日、祝日(国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日)、12月28日から翌年1月3日までを除く学校登校日とする。ただし、村長が必要と認めた場合はこの限りでない。

(開設時間)

第5条 学童保育の開設時間は、下校時から午後6時までとする。ただし、村長が必要と認めた場合はこの限りでない。

(入所及び退所)

第6条 児童が学童保育に入所しようとするときは、当該児童の保護者が入所申請書を村長に提出するものとする。

2 学童保育を退所するときは、保護者が教育委員会へ申告するものとする。

(保育料の納付)

第7条 学童保育に入所した児童の保護者は、別表に定める保育料を収めなければならない。

(補則)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は村長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月13日教委告示第1号)

この要綱は平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月17日教委告示第1号)

この要綱は、平成26年4月1日から施行する。

別表(第7条関係)

区分

金額

一般児童

就学援助費認定児童

基本保育

下校時から午後6時まで

1,000円(月)

一時預かり

1,000円(10回)

500円(月)

一時預かり

500円(10回)

早朝保育料

午後7時30分を超え午後8時まで

200円

100円

平日の休校日

午前8時から午後3時30分まで

300円

200円

午後3時30分を超え午後6時まで

200円

100円

延長保育料

午後6時を超え午後7時まで

300円

200円

※早朝保育料、平日の休校日の保育料及び延長保育料は、基本保育料金に加算されます。

宮田村学童保育要綱

平成19年3月19日 教育委員会告示第1号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第11編 育/第3章 学校教育
沿革情報
平成19年3月19日 教育委員会告示第1号
平成24年3月13日 教育委員会告示第1号
平成26年3月17日 教育委員会告示第1号