○宮田村議会一般質問要綱

平成28年4月1日

議会告示第1号

(趣旨)

第1条 この要綱は、宮田村議会会議規則(昭和63年宮田村規則第2号)第60条に基づき、宮田村議会定例会において実施する一般質問に関し、必要な事項を定めるものとする。

(通告)

第2条 通告は以下のとおりとし、別紙1の一般質問通告書により行わなければならない。

(1) 通告の日程は、毎回、議長が定める。

(2) 「村政一般」又は「その他」というように範囲を特定できない通告は認めない。

(3) 通告にあたっては、答弁者を指定しなければならない。

(4) 通告にあたっては、項目ごとに質問するのか、要旨ごとに質問するのかを指定しなければならない。

(5) 通告にあたっては、質問の順序を定めるため、通告順にくじを引かなければならない。

(調整)

第3条 通告した内容が重複した場合は、議長はすみやかに当事者間での調整を促さなければならない。

2 前条の規定により、通告書を修正することができる。ただし、要旨の修正に限る。

(時間)

第4条 質問は、答弁も含めて1人50分以内とする。

2 答弁者は、前項の時間が過ぎても、答弁が終わるまで続けることができる。

(質問者席)

第5条 質問は、質問者席で行わなければならない。

(通知)

第6条 通告が決定したときは、議長は、すみやかに全質問者の通告書を全議員に配布しなければならない。

(公開)

第7条 通告書は、次に掲げる方法により、すみやかに適切な様式で一般に公開しなければならない。

(1) 一般質問当日配布

(2) 宮田村議会事務局閲覧複写

(3) 宮田村議会公式ホームページ

(疑義)

第8条 この要綱の適用に関し疑義が生じたときは、議長が決定するものとする。

附 則

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(令和元年12月2日議会告示第2号)

この要綱は、公布の日から施行する。

別紙 略

宮田村議会一般質問要綱

平成28年4月1日 議会告示第1号

(令和元年12月2日施行)

体系情報
第2編 議会・選挙・監査/第1章
沿革情報
平成28年4月1日 議会告示第1号
令和元年12月2日 議会告示第2号