○宮田村議会図書室要綱

平成28年4月1日

議会告示第8号

(趣旨)

第1条 この要綱は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第100条第19項及び宮田村むらづくり基本条例(平成28年宮田村条例第28号)第11条の規定に基づき、宮田村議会図書室(以下「図書室」という。)の運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(収集)

第2条 図書室は、次に掲げる資料を収集する。

(1) 宮田村議会会議録その他の宮田村議会刊行物

(2) 宮田村広報その他の宮田村刊行物

(3) 各地方公共団体及びその議会刊行物

(4) 調査研究のために必要な刊行物

(管理)

第3条 図書室の管理は、議長の命を受け、議会事務局長が行う。

2 議長は、図書室の充実と資料の選書にあたるため、宮田村議会議員の中から室長を選任することができる。

(利用)

第4条 図書室の資料は、宮田村図書館の資料として登録し、宮田村議会議員及び宮田村議会事務局の利用に供するほか、法第100条第20項に基づき、一般に利用させることができる。

2 一般の利用にあたっては、宮田村図書館規則(平成11年宮田村規則第1号)第9条の規定を準用する。

(開室時間)

第5条 図書室の開室時間は、宮田村議会事務局の執務時間内とする。ただし、議長が特に必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(損害賠償)

第6条 議長は、資料を損傷し、又は滅失した者に対して、同一の現品又は時価相当額の弁償を求めることができる。

(疑義)

第7条 この要綱の適用に関し疑義が生じたときは、議長が決定するものとする。

附 則

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(令和元年12月2日議会告示第5号)

この要綱は、公布の日から施行する。

宮田村議会図書室要綱

平成28年4月1日 議会告示第8号

(令和元年12月2日施行)

体系情報
第2編 議会・選挙・監査/第1章
沿革情報
平成28年4月1日 議会告示第8号
令和元年12月2日 議会告示第5号