○宮田村税外収入金の滞納処分に関する規則

平成31年3月18日

規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、法令又は条例に定めるもののほか、税外収入金の滞納処分に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において「税外収入金」とは、地方自治法(昭和22年法律第67号)その他の法律で定めるところにより、国税又は地方税の滞納処分の例により徴収することができる歳入をいう。

(滞納処分)

第3条 税外収入金の滞納処分は、村長が任命する職員(以下「徴収職員」という。)に行わせるものとする。

(証票の交付等)

第4条 村長は、徴収職員が、税外収入金の滞納処分を行うために必要があると認めるときは、当該徴収職員に徴収職員証(別記様式)を交付するものとする。

2 徴収職員は、徴収職員証を紛失したときは、直ちに村長に届け出なければならない。

3 徴収職員は、税外収入金の滞納処分の事務に従事することがなくなったときは、ただちに徴収職員証を返納しなければならない。

(様式の準用)

第5条 税外収入金の滞納処分の実施に関する文書の様式は、宮田村税に関する規則(昭和56年宮田村規則第2号)に定める様式を準用する。

附 則

この規則は、平成31年1月1日から施行する。

別記様式 略

宮田村税外収入金の滞納処分に関する規則

平成31年3月18日 規則第1号

(平成31年1月1日施行)

体系情報
第6編 務/第4章 税外収入
沿革情報
平成31年3月18日 規則第1号