○宮田村議会オンライン委員会等要綱

令和2年12月1日

議会告示第9号

(趣旨)

第1条 この要綱は、宮田村議会会議規則(昭和63年宮田村規則第2号。以下「規則」という。)第64条の2に規定するオンライン委員会等に関し、必要な事項を定めるものとする。

(通知)

第2条 オンライン委員会等を招集しようとするときは、委員長は、その日時、事情等をあらかじめ議長に通知しなければならない。

(環境整備)

第3条 委員は、オンライン委員会等に出席するときは、開会時刻の15分前までに、議会事務局との間で、映像と音声の送受信により相互の状況を認識できるようにしなければならない。

2 委員長及び議会事務局は、必ず登庁し、相互に連絡がとれる状態にしておかなければならない。

(表決の取扱い)

第4条 映像と音声の送受信により相互の状況を認識できない場合は、表決に加わることができない。

(秘密会の取扱い)

第5条 オンライン委員会等は、秘密会とすることができない。

(公開)

第6条 オンライン委員会等を傍聴する希望があった場合は、議会事務局が対応するものとする。

(協議又は調整を行うための場における取扱い)

第7条 規則第128条に規定するオンライン委員会等に関しては、第2条から第6条の規定を準用する。

2 第2条から第6条の規定を準用する場合は、「委員長」とあるのは「議長」又は「座長」と読み替えるものとする。

(疑義)

第8条 この要綱の適用に関し疑義が生じたときは、議長が決定するものとする。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

宮田村議会オンライン委員会等要綱

令和2年12月1日 議会告示第9号

(令和2年12月1日施行)