○宮田村議会むらびと会議要綱

令和3年6月3日

議会告示第1号

(趣旨)

第1条 この要綱は、宮田村議会広報広聴条例(平成28年宮田村条例第2号)第8条及び第10条宮田村議会広報広聴会議要綱(平成28年宮田村議会告示第6号)第5条の規定に基づき、議会の広報広聴活動における住民参加を不断に推進するため、宮田村議会むらびと会議(以下「会議」という。)の設置に関し、必要な事項を定めるものとする。

(任務)

第2条 会議の任務は、次の各号に定める事項とする。

(1) 議会活動に関する評価及び提言

(2) 議会だよりに関する評価及び提言

(3) 議会懇談会に関する評価及び提言

(4) 議会の住民参加に関する評価及び提言

(5) その他議長が必要と認めた事項

(組織)

第3条 会議は、委員30人以内をもって組織する。

2 委員の任期は1年とし、再任を妨げない。

(資格)

第4条 委員は、次の各号に定める資格を満たす者とする。

(1) 宮田村に住所を有する者

(2) 議会活動及び村政に関心がある者

(3) 国及び地方公共団体の議員及び職員ではない者

(4) 行政委員会の委員ではない者

(選考及び委嘱)

第5条 委員は、公募及び議員の推薦する者の中から選考し、議長が委嘱する。

2 委員に応募しようとする者は、別紙の申込書を議長に提出しなければならない。

(解嘱)

第6条 委員が次の各号のいずれかに該当するときは、議長は当該委員を解嘱することができる。

(1) 第4条に規定する資格を満たさなくなったとき。

(2) その他議長が必要と認めたとき。

(謝礼)

第7条 委員には、別表のとおり謝礼を支給するものとする。

(疑義)

第8条 この要綱に定めるもののほか、会議の運営に関し必要な事項は、議長が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(令和3年7月5日議会告示第5号)

この要綱は、公布の日から施行する。

別表(第7条関係)

日額

5,000円

半日額

3,000円

画像

宮田村議会むらびと会議要綱

令和3年6月3日 議会告示第1号

(令和3年7月5日施行)

体系情報
第2編 議会・選挙・監査/第1章
沿革情報
令和3年6月3日 議会告示第1号
令和3年7月5日 議会告示第5号